丸の内文化力 三菱地所 国連UN excite ism DMM.com ポカリスエット ECC 日本芸術文化振興会 カナダ アニエスベー Ring Ring バンダイビジュアル エールフランス航空 松竹 BERLINARE TALENTS ARTS COUNCIL TOKYO 東京都 TALENTS TOKYO





» 事務局からお知らせ


» レポート


» イベント・上映情報


» デイリーニュース


» ブロードキャスト


ニュース

2006年4月バックナンバー



世界の映画祭第7回チョンジュ映画祭 開幕

TOKYO FILMeX (2006年4月24日 23:06)

(2006年4月27日-5月5日:韓国・全州にて)
http://www.jiff.or.kr/main/index.php

インディペンデント作品やデジタル作品など、新進の才能の紹介を続けて評価を高めているチョンジュ国際映画祭が今年も開催される。第7回を迎える今年は27日より9日間にわたって、42カ国より194本の作品が上映される。

オープニング作品は、今年2月のベルリン映画祭のコンペティションで上映され銀熊賞(審査員特別賞)を獲得した、イランのジャファル・パナヒ監督による「オフサイド」。イラン国内では女性によるサッカー競技場への立ち入りが禁止されているが、どうしてもW杯予選を観たいと切望するサッカーファンの少女たちが、試合当日に繰り広げる悲喜交々をパナヒ監督が軽妙に描いてみせた作品だ。ドイツW杯を直前に迎えて盛り上がる韓国でも、熱狂的に迎え入れられることが予想される。
また、クロージング作品は、昨年12月のNHKアジアフィルムフェスティバルでワールドプレミア上映された韓国の「ドント・ルック・バック」が上映される。監督のキム・ヨンナムはホン・サンスの助監督を務めたこともあり、この作品が長編デビュー作となる。昨年の第6回東京フィルメックスのコンペティションで上映された「サグァ」でも好演をみせ、日本での人気も高まっているキム・テウが最後の休暇中の陸軍兵長の主役を演じている。

毎年注目を集めてチョンジュの顔ともなっている「デジタル三人三色」は、映画祭が製作するDV短編オムニバスで、今年はエリック・クー(シンガポール)「No Day Off」、ペンエグ・ラッタルナアーン(タイ)「Twelve Twenty」、ダレジャン・オミルバイエフ(カザフスタン)「About Love」の3本が上映される。

メイン・プログラムの2つのコンペティション部門のうち、12本のインディペンデント映画が賞を競う<インディ・ビジョン>部門ではアメリカ在住のイラン人映画監督Ramin BAHRANIのデビュー作で、アミール・ナデリ監督の「マラソン」や「サウンド・バリア」のマイケル・シモンズが撮影を務めた「Man Push Cart」や、イラン=フランス合作映画「The Gaze」、今年のベルリン映画祭フォーラム部門でも上映されたインド映画「John & Jane」などが上映される。また、日本からは昨年11月のトリノ映画祭でグランプリを受賞した坪川拓史監督の「美式天然」も上映される。

もう一つのコンペティション<デジタル・スペクトラム>では、デジタルで撮影された12本が上映される。シンガポールから「The Art of Flirting」、タイの「Stories from the North」や、台湾の若手4人によるオムニバス「TAIPEI 4-WAY」の他、韓国の「Heavenly Path」がワールドプレミア上映される。

<シネマスケープ>部門では、マノエル・ド・オリヴェイラ監督の「Magic Mirror」などの他、日本からは長崎俊一監督「闇打つ心臓」や塚本晋也監督の「HAZE」、黒沢清監督の「蟲の家」、諏訪敦彦監督の「パーフェクト・カップル」などが上映される。

特集上映部門は、ソ連時代に上映が許されなかった60年代から80年代にかけての10本を特集する。また、インドでサタジット・レイやグル・ダットと並び称されるリトウィク・ガタク監督の生誕80周年、没後30周年を記念して7本が上映される。

(報告者:岡崎 匡)





世界の映画祭第19回シンガポール映画祭(2006/4/13-29) 開幕

TOKYO FILMeX (2006年4月19日 12:56)

第19回シンガポール映画祭では、40か国から300作品(ワールド・プレミア3作品、インターナショナル・プレミア8作品、アジア・プレミア15作品)が上映される。

プログラムではアラブ映画が目立ち、オープニング作品は、レバノンのJocelyn Saab監督によるで、これはエジプトを舞台にベリー・ダンスを学ぶ女性を描いたドラマとなっている。

そして、特集上映“The Secret Life of Arabia”では、イラク、シリア、パレスチナ、レバノン、エジプト、モロッコなどの最近の作品16本を紹介(イエメンで撮られた初の長編劇映画「A New Day In Old Sana'a」や、綿井健陽監督「Little Birds -イラク戦火の家族たち」も含む)。





世界の映画祭第30回香港国際映画祭でイン・リャン監督「あひるを背負った少年」が受賞!

TOKYO FILMeX (2006年4月19日 12:53)

4/4から4/19まで開催されている第30回香港国際映画祭のアジア・デジタルビデオ・コンペティション部門の結果が13日に発表され、「あひるを背負った少年」が見事に最高賞にあたる金賞を受賞した。

これが長編デビュー作となったイン・リャン監督にとって、第6回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞したことに続いての快挙。
その他のコンペティションの対象作品は、「So Much Rice」(Li Hongqi)、「Walking on the Wild Side」(Han Jie)、「Withered in Blooming Season」(Cui Zi'en)、「The Last Communist」(Amir Muhammad)、「The Blossoming of Maximo Oliveros」(Auraeus Solito)、「Cut Sleeve Boys」(Ray Yeung)、「In Between Days」(So Yong Kim)の全8作品。
審査員は西島秀俊氏、アリス・マク氏、ペンエーグ・ラッタナルアーン氏の3人が務めた。

「あひるを背負った少年」は、東京フィルメックスのワールドプレミアを皮切りに、ロッテルダム(1月)、フリブール(3月)の各映画祭のコンペティションで上映された他、今後はバルセロナアジア映画祭、シンガポール、サンフランシスコ(以上4月)、トライベッカ(NY)、グリーン映画祭(ソウル、以上5月)などでの上映が決まっている。

また、香港国際映画祭で上映された日本映画では「蟻の兵隊」(池谷薫監督)が「人道に関する優秀映画賞」を受賞している。
(報告者:岡崎 匡)





世界の映画祭第30回香港国際映画祭(4/4-19)  開幕

TOKYO FILMeX (2006年4月 3日 16:59)

第30回を迎える香港国際映画祭では42国からの253作品が上映される。

オープニングとしては、ジョニー・トー監督の最新作「Election 2(黒社会以和為貴)」 とベルリン映画祭コンペティション部門でプレミア上映され音楽賞を受賞したパン・ホーチョン監督の「Isabella(伊莎貝拉)」 と香港映画2作品が揃う。クロージングは、「Candy」(アメリカ/Neil Armfield)「Snow Cake」(イギリス、カナダ/Marc Evans)。

ワールドプレミアとなる「Election 2」の前売券が早々に売り切れになったことからもジョニー・トー監督への注目度がうかがい知れるが、創立10年を迎えた彼のプロダクションを特集する<銀河映像 Milkyway Image, 1996-2005>(8作品)も組まれている。

第30回を記念してのシンポジウムでは、ホウ・シャオシェン、チャン・ユアン、ジャ・ジャンクー、アン・ホイ、ツイ・ハーク、スタンリー・クワンといった香港映画祭とともに歩んできた中国語圏の監督たちが一堂に会する。

また、第30回の記念として行われる<A Tribute to Action Choreographer>の特集では、香港映画界の独特な職能であり、いまや「マトリックス」などのハリウッド映画でも重用されている武術指導(アクション監督)にスポットライトを当てる。「Golden Swallow (金燕子)」(68)から「The Blade(ブレード/刀)」(95) まで20作品が上映され、ジャッキー・チェンやジェット・リー出演作なども含め、ラウ・カーリョン、ユエン・ウーピン、チン・シウトン、サモ・ハン・キンポーらが手がけた傑作群により武術指導の変遷を辿るプログラムとなっている。

香港映画の回顧特集としては、<現代萬歳?光藝的都市風華 The Glorious Mordernity of Kong Ngee>と銘打ち、50?60年代に香港社会の変化をビビッドに反映した秀作を製作した会社・光藝を特集し、「難兄難弟」(60)「英雄本色」(67)など21作品を上映。

外国作品の特集上映としては、第6回東京フィルメックスで注目を集めた中川信夫監督が取り上げられ、14作品が上映される。他に、北欧特集、ヴェルナー・ヘルツォーク特集なども行われる。

(特別上映として、香港ニュー・ウェーヴで名を馳せたパトリック・タム監督の久々の新作「After This Our Exile(父子)」のフッテージ上映が予定されていたが、直前にキャンセルとなった。)

アジア・デジタルビデオ作品のコンペティションでは、「あひるを背負った少年」(イン・リャン監督は第6回東京フィルメックスにて審査員特別賞受賞)を含む中国映画4本、マレーシア「The Last Communist」(アミール・ムハマド監督)、フィリピンなどからの全8作品が上映される。なお、審査員には、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン氏、香港のアリス・マク氏とともに、日本からは出演作の「好きだ、」が同映画祭で上映され、第6回東京フィルメックスでも審査員を務めた西島秀俊氏が担当する。

日本映画としては以下の作品が上映される。
「46億年の恋」(三池崇史監督)「スクラップ・ヘブン」(李相日監督)「オペレッタ狸御殿」(鈴木清順監督)「17歳の風景」(若松孝二監督)「紀子の食卓」(園子温監督) 「Un Couple Parfait」 (諏訪敦彦監督)「疾走」(Sabu監督)「好きだ、」(石川寛監督)「カミュなんて知らない」(柳町光男監督)「インプリント」(三池崇史監督)「乱歩地獄」(竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシ 監督)「ブラックナイト」(秋山貴彦監督)「死者の書」(川本喜八郎監督 *アニメーション)「蟻の兵隊」(池谷薫監督 *ドキュメンタリー)「ガーダ パレスチナの歌」(古居みずえ監督 *ドキュメンタリー)

第30回香港国際映画祭 公式サイト
http://www.hkiff.org.hk/index.php





« 2006年3月 | トップ | | 2006年5月 »

フィード RSS

【2015年6月】
日  月  火  水  木  金  土 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

【最新情報】
世界の映画祭第7回チョンジュ映画祭 開幕
世界の映画祭第19回シンガポール映画祭(2006/4/13-29) 開幕
世界の映画祭第30回香港国際映画祭でイン・リャン監督「あひるを背負った少年」が受賞!
世界の映画祭第30回香港国際映画祭(4/4-19)  開幕

【カテゴリー別に読む】
事務局からお知らせ (399)
レポート (12)
イベント・上映情報 (49)
世界の映画祭だより (60)

【月別 バックナンバー】
2015年3月 (1)
2015年2月 (1)
2015年1月 (1)
2014年11月 (4)
2014年10月 (6)
2014年9月 (3)
2014年4月 (2)
2014年3月 (1)
2014年2月 (3)
2014年1月 (1)
2013年12月 (3)
2013年11月 (18)
2013年10月 (6)
2013年9月 (2)
2013年8月 (2)
2013年4月 (1)
2013年2月 (4)
2013年1月 (1)
2012年12月 (3)
2012年11月 (11)
2012年10月 (2)
2012年9月 (7)
2012年8月 (4)
2012年4月 (1)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (2)
2011年11月 (20)
2011年10月 (12)
2011年9月 (5)
2011年8月 (6)
2011年7月 (1)
2011年6月 (1)
2011年5月 (2)
2011年4月 (1)
2011年3月 (3)
2011年2月 (1)
2011年1月 (6)
2010年12月 (2)
2010年11月 (12)
2010年10月 (13)
2010年9月 (5)
2010年8月 (4)
2010年7月 (1)
2010年5月 (1)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (11)
2009年11月 (16)
2009年10月 (22)
2009年9月 (17)
2009年8月 (6)
2009年7月 (4)
2009年6月 (2)
2009年4月 (6)
2009年3月 (1)
2009年2月 (11)
2009年1月 (6)
2008年12月 (1)
2008年11月 (20)
2008年10月 (7)
2008年9月 (5)
2008年8月 (1)
2008年7月 (5)
2008年6月 (3)
2008年5月 (4)
2008年2月 (1)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (17)
2007年10月 (10)
2007年9月 (5)
2007年8月 (6)
2007年7月 (7)
2007年6月 (2)
2007年5月 (8)
2007年4月 (18)
2007年3月 (8)
2007年2月 (2)
2006年12月 (14)
2006年11月 (17)
2006年10月 (5)
2006年9月 (2)
2006年6月 (2)
2006年5月 (6)
2006年4月 (4)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年11月 (7)
2005年10月 (5)
2005年9月 (3)
2005年7月 (1)
2005年6月 (4)
2005年5月 (4)
2005年4月 (1)
2005年3月 (4)
2005年2月 (2)
2005年1月 (1)
2004年11月 (1)
2004年7月 (3)
2004年4月 (2)

「ニュース」内で検索


Back ←↑ Top





KEIRIN.JP夢への補助輪本映画祭は公益財団法人JKAによる「競輪公益資金」の補助を受けて開催します。

開催アーカイブ
サイト内検索 by Google

●お問い合わせ ●プライバシーポリシー ●リンクについて ●プレス
●第15回東京フィルメックス・チラシ(PDF)

© TOKYO FILMeX 2014