丸の内文化力 三菱地所 国連UN excite ism DMM.com ポカリスエット ECC 日本芸術文化振興会 カナダ アニエスベー Ring Ring バンダイビジュアル エールフランス航空 松竹 BERLINARE TALENTS ARTS COUNCIL TOKYO 東京都 TALENTS TOKYO





» 事務局からお知らせ


» レポート


» イベント・上映情報


» デイリーニュース


» ブロードキャスト


ニュース

2013年11月バックナンバー



お知らせ第14回東京フィルメックス受賞結果

TOKYO FILMeX (2013年11月30日 23:50)

◎最優秀作品賞
 『花咲くころ』 (2013年/グルジア、ドイツ、フランス)
 監督:ナナ・エクチミシヴィリ、ジーモン・グロス
fc02mainSS.jpg
 
◎審査員特別賞:
 『ハーモニー・レッスン』(2013年/カザフスタン、ドイツ、フランス)
 監督:エミール・バイガジン
fc03mainSS.jpg
 
◎スペシャル・メンション:
 『カラオケ・ガール』(2013年/タイ、アメリカ)
 監督:ウィッサラー・ウィチットワータカーン
fc04mainS.jpg
 
 『トーキョービッチ, アイラブユー』(2013年/日本)
 監督:吉田光希
fc10mainS.jpg
 
◎観客賞:
 『ILO ILO(英題)』 (2013年/シンガポール)
 監督:アンソニー・チェン
fc05mainSS.jpg
 
◎学生審査員賞:
 『トランジット』 (2013年/フィリピン)
 監督:ハンナ・エスピア
fc06mainSS.jpg
 
◎タレント・キャンパス・トーキョー・アワード2013
 「Kodokushi-Escape to Summer-」(フィリピン)ジャヌス・ヴィクトリア
 
◎同 スペシャル・メンション
 「China's Music Dream」(中国)ヴィンセント・ハイ・ドゥ
 
授賞理由などの詳細は、「賞・審査員」ページをご覧ください。





お知らせ11月29日(金)から12月1日(日)の有楽町朝日ホール当日券

TOKYO FILMeX (2013年11月28日 20:24)

11/29〜12/1の当日券の発売開始時間と販売枚数をお知らせします。
 
3日ともに9:20より発売開始。
 
【11月29日(金)】
◎当日券販売枚数(28日20:30現在)
 
10:00 『ILO ILO(英題)』
12:30 『土砂降り』
15:30 『夏休みの宿題』
以上の上映回はお席に十分余裕がございます。
 
18:40 『鉄くず拾いの物語』
お席には余裕がございますが、なるべく開場時間までにお越しください。
 
【11月30日(土)】
◎当日券販売枚数(28日20:30現在)
 
10:00 『わたしの名前は...』
お席に十分余裕がございます。
 
13:20 『ピクニック(仮題)』
10枚程度(お一人様1枚まで)
 
18:00 授賞式+『THE MISSING PICTURE(英題)』
50枚以上(お一人様2枚まで)
 
【12月1日(日)】
◎当日券販売枚数(30日20:30現在)
 
10:00 『愛慾』
12:30 『不思議なヴィクトル氏』
15:00 『閉ざされたカーテン』
お席に十分余裕がございます。
 
17:30 『ピクニック(仮題)』
15枚程度(お一人様1枚まで)
 
※当日券の販売予定枚数を終了しましたらキャンセル待ち整理券を配布し、空席が出ましたら整理券番号順に当日券の追加販売を行います。空席が出ないこともございますので、予めご了承下さい。





お知らせ11/28(木)『高原の情熱』舞台挨拶変更について

TOKYO FILMeX (2013年11月28日 13:03)

お知らせしておりました11/28の『高原の情熱』上映前の舞台挨拶は、ヌーレディン・エサディさま(フランス大使館 映像放送担当官)に変更となりました。





お知らせ11/28(木)、29(金)朝日ホールの当日券について

TOKYO FILMeX (2013年11月28日 01:46)

11/28(木)の当日券は11:50より発売します。
 
◎当日券販売枚数(28日9:00現在)
 
・28日(木)

12:30 『我が家は楽し』
15:30 『花咲くころ』
18:40 『高原の情熱』
 
全てのお席に十分余裕がございます。
 
nn01mainS.jpg fc02mainS.jpg
jg03mainS.jpg
 
11/29(金)の当日券は9:20より発売します。
 
◎当日券販売枚数(28日9:00現在)
 
・29日(金)

10:00 『ILO ILO(英題)』
12:30 『土砂降り』
15:30 『夏休みの宿題』
 
以上の上映回はお席に十分余裕がございます。
 
18:40 『鉄くず拾いの物語』
 
お席には余裕がございますが、なるべく開場時間までにお越しください。
 
fc05mainS.jpg nn02mainS.jpg fc07mainS.jpg ss05mainS.jpg





お知らせ11/27(水)朝日ホールの当日券について

TOKYO FILMeX (2013年11月27日 01:20)

11/27(水)の当日券は11:50より発売します。
 
◎当日券販売枚数(27日1:00現在)
 
・27日(水)

12:30 『カラオケ・ガール
15:30 『トランジット』
18:50 『夜の片鱗』
 
全てのお席に十分余裕がございます。
 
fc04main.jpg fc06mainS.jpg
nn03mainS.jpg





お知らせ11/26(火)朝日ホール当日券について

TOKYO FILMeX (2013年11月25日 16:41)

11/26(火)の当日券は11:50より発売します。
 
◎当日券販売枚数(25日17:00現在)
 
・ 26日(火)
18:40 『ILO ILO(英題)』
十数枚を販売、その後はキャンセル待ち整理券を配布。(*)
 
12:30 『見知らぬあなた』
15:10 『ハーモニー・レッスン』
上記2作品はお席に十分余裕がございます。
 
*なお、『ILO ILO』は11/29(金)10時より朝日ホールでの追加上映がございます。
 
fc05mainS.jpg fc08main.jpg
fc03mainS.jpg





お知らせ11/25(月)朝日ホール当日券について

TOKYO FILMeX (2013年11月25日 09:55)

11/25(月)の当日券は11:30より発売します。
 
◎当日券販売枚数(25日9:00現在)
 
・25日(月)

12:30 『微笑み絶やさず』『イェレバン』『可視から不可視へ』
15:00 『若さ』
19:00 『祭の馬』
 
全てのお席に十分余裕がございます。
 
ss03amainS.jpg ss0802mainS.jpg
ss03cmainS.jpg fc01mainS.jpg
fc09mainS.jpg





お知らせ審査員キャンセルのお知らせ

TOKYO FILMeX (2013年11月24日 15:28)

イン・リャン監督は、安全に中国に帰ることができず、また現在、香港の居留権の期限に問題が生じたため、日本のビザ申請を進められず、残念ながら今回審査員としてご来日できなくなってしまいました。
今回はコンペティション部門の審査は4名の審査員で行ないます。
 
j02S.jpg





お知らせ『ILO ILO(英題)』が台北金馬奨で四冠達成!

TOKYO FILMeX (2013年11月24日 13:19)

=============================
映画賞「台北金馬奨」でフィルメックス上映作が続々受賞
『ILO ILO(英題)』(アンソニー・チェン監督)
作品賞/新人監督賞/脚本賞/助演女優賞 四冠達成!
=============================
 
11/29(金)10:00からの緊急追加上映もあります
 
 香港、台湾なども含めた中国語圏最大の映画賞で、中国版アカデミー賞とも言われる台北金馬奨の授賞式が23日に台湾の台北市で行なわれ、『ILO ILO(英題)』が作品賞、新人監督賞、脚本賞、助演女優賞の四冠を獲得しました。同作はシンガポールのアンソニー・チェン監督による長編デビュー作で、今年5月のカンヌ国際映画祭でもカメラ・ドール(新人監督賞)を受賞、来年3月に開催される米・アカデミー外国語映画賞のシンガポール代表にも選ばれています。今年が50回目の節目となる金馬奨には、審査委員長のアン・リーやホウ・シャオシェン、ジョニー・トー、ジョン・ウーなどの巨匠たち、ジャッキー・チェンやアンディ・ラウ、チャン・ツィイーらのスターが出席するなど、世界中の映画ファンの注目が集まりました。
 
 チェン監督は、2010年に国際映画祭「東京フィルメックス」などが主催する映像人材育成プロジェクト「タレント・キャンパス・トーキョー」(当時は「ネクスト・マスターズ」)に参加し、『ILO ILO』の企画で最優秀企画賞を受賞しました。そして、今月23日に開幕した「第14回東京フィルメックス」のコンペティション部門にて、26日(火)にジャパンプレミアとして凱旋上映されます。また、29日(金)に緊急で追加上映も決定しております。
 
 また、この他にも金馬奨受賞作が、東京フィルメックスで上映されます。オープニング作品として上映されたジャ・ジャンクー監督の『罪の手ざわり』は音楽賞と編集賞、またツァイ・ミンリャン監督の『ピクニック』が監督賞と主演男優賞、音響賞を受賞しています。チェン監督とツァイ監督は来日し、上映後のQ&Aにも登壇します。
 
『ILO ILO(英題)』上映日時:
11/26(火)18:40@有楽町朝日ホール(Q&Aあり)
11/29(金)10:00@有楽町朝日ホール *追加上映
 
『ピクニック』上映日時:
11/30(土)13:20@有楽町朝日ホール(Q&Aあり)
12/1(日)17:30@有楽町朝日ホール
 
『罪の手ざわり』
フィルメックスでの上映は終了。
2014年Bunkamuraル・シネマにて公開予定。
 
fc05mainS.jpg





お知らせ11/24(日)朝日ホール当日券について

TOKYO FILMeX (2013年11月24日 01:14)

11/24(日)の当日券は9:30より発売します。
 
◎当日券販売枚数(24日0:00現在)
 
・24日(日)
10:10 『アナ・アラビア』
12:40 『カラオケ・ガール』
15:30 『見知らぬあなた』
19:00 『トーキョービッチ,アイラブユー』
 
全てのお席に十分余裕がございます。

ss06main.jpg fc04main.jpg
fc08main.jpg fc10main.jpg





お知らせ『ハーモニー・レッスン』ゲスト来日中止

TOKYO FILMeX (2013年11月23日 11:04)

コンペティション部門で上映される『ハーモニー・レッスン』のゲストとして予定されていたベイビジャン・ムスリモフさんの来日がキャンセルとなりました。
 
11/26(火)15:10上映の回で予定されていたQ&Aは中止となりました。
fc03main.jpg





お知らせ11/23(土)朝日ホール当日券について

TOKYO FILMeX (2013年11月22日 15:29)

11/23(土)の当日券は14:30より発売します。
 
◎当日券販売枚数(22日15:00現在)
 
・23日(土)
15:30『開会式+罪の手ざわり』
70枚以上を販売いたします(お一人様2枚まで)。
整理券を11時から有楽町朝日ホール 総合案内にて配布いたします。
 
19:10『微笑み絶やさず+短編2本』
お席には十分余裕がございます。
 
ss01main.jpg





お知らせ追加ゲスト情報

TOKYO FILMeX (2013年11月19日 16:03)

『夏休みの宿題』で主演し、台北金馬奨の新人俳優賞にもノミネートされているヤン・リャンユーさんが上映後の質疑応答に登壇することが決定しました。
その他、以下の日時・上映作品でのゲスト登壇があらたに決定しています。
 
11/24(日)12:40『カラオケ・ガール』ポーンナット・ラッタナウィット(プロデューサー)*監督に加え
11/26(火)15:10『ハーモニー・レッスン』ベイビジャン・ムスリモフ(俳優)
11/29(金)15:30『夏休みの宿題』ヤン・リャンユー(俳優)
 
『わたしの名前は...』のアニエス・トゥルブレ(アニエスベー)監督の登壇は、以下のように決定しました。
11/28(木)21:20@TOHOシネマズ 日劇 上映前、舞台挨拶
11/30(土)10:00@有楽町朝日ホール  上映後、Q&A
 
また、チラシなどでお伝えしていた、11月28日(木)15:30『花咲くころ』は、ゲストの来日がなくなりました。
 
>>ゲスト・イベント情報

fc07sub02S.jpg





お知らせ"生誕100年 中村登監督特集"ベルリン国際映画祭フォーラム部門上映決定のお知らせ

TOKYO FILMeX (2013年11月18日 15:22)

本年の東京フィルメックスで特集される中村登監督の3作品が、来年2月に開催される世界三大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭のフォーラム部門にて上映されることが決定いたしました。
上映が決定した『夜の片鱗』『我が家は楽し』『土砂降り』の3作品はいずれも東京フィルメックスが、東京都、アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)及び松竹の協力のもと、英語字幕付きのニュープリントを制作いたしました。『第14回東京フィルメックス』にて上映するとともに、連動企画として、11/23〜12/6までヒューマントラストシネマ有楽町でも上映されます。
中村監督の作品が海外の映画祭で上映されるのは、今年9月の第70回ヴェネチア国際映画祭で『夜の片鱗』が上映されたことに続いての快挙となり、海外での再評価を決定づけるものとなっています。
 
「生誕100年 中村登監督特集」
nn03mainS.jpg





お知らせ"ハッピー・リターン"トークイベント開催決定

TOKYO FILMeX (2013年11月15日 17:53)

今年のフィルメックスのコンペ部門では、Talent Campus Tokyo(TCT)修了生による監督やプロデュース作品が3本上映されます(『ILO ILO(英題)』『トランジット』『カラオケ・ガール』)。
 
今回、フィルメックスに戻ってきた2人の監督をお迎えしてのトークイベントが決定しました。イベントではTCT参加時やその後の映画製作での体験について語っていただきます。2作品ともに長編デビュー作でありながら、来年のアカデミー外国語映画賞の各国代表作品に選出されるなど、世界からも注目を集めています。
 
ぜひ、ご来場ください。
 
「ハッピー・リターン」トークイベント概要
 日時:11月26日(火) 17:50〜18:30
(17:35 開場)
 会場:有楽町朝日スクエアB(有楽町マリオン11F)
 登壇者:アンソニー・チェン(シンガポール/『ILO ILO(英題)』監督)
     ハンナ・エスピア(フィリピン/『トランジット』監督)
 
 ※入場無料、予約不要、先着順、逐次通訳あり
 

fc05dirSQ.jpg fc06dirSQ.jpg





お知らせTCTオープン・キャンパス開催

TOKYO FILMeX (2013年11月15日 17:42)

タレント・キャンパス・トーキョー
オープン・キャンパス開催のご案内
「ワールドセールスの役割と海外展開について」<入場無料・申込制>

 
タレント・キャンパス・トーキョーは、「次世代の巨匠」になる可能性を秘めた「才能(=talent,タレント)」(公募によって選抜されたアジアの映画監督とプロデューサー15名)を東京に招き実施する、映画分野の人材育成プログラムです。
「第14 回東京フィルメックス」期間中の11月25日(月)から11月30日(土)の6日間、第一線で活躍する講師陣によるレクチャーや企画合評会を通じて、世界で活躍していくためのノウハウや、国際的なネットワークを構築する機会を提供いたします。
 
多くの皆様に本プロジェクトの魅力を知っていただきたく、オープン・キャンパスを実施します。映画製作において、海外展開を視野にいれた戦略の重要性は、近年ますます高まっています。タレント・キャンパスでは、開始当初より、海外セールスの重要性に着目し、プログラムの重要な柱の1つにあげて参りました。
 
今年のメイン講師の一人であるジャン=クリストフ・シモン氏を迎え、セールスエージェントの役割と海外展開についてお話しいただきます。
タレント・キャンパスの講義の一端を体験できる貴重な機会です。映画のプロフェッショナルを志す方々のご参加を心よりお待ちしています。
 
<オープン・キャンパス開催概要>
 
■ 会期:平成25年 11月 28日(木) 16:45開場 17:00~18:00
■ 会場:有楽町朝日ホール・スクエアB (有楽町マリオン11F)
■ 講義内容:※同時通訳(英日)付き
 レクチャー「ワールドセールスの役割と海外展開について」
 講師:ジャン=クリストフ・シモン
    (フィルムズ・ブティック パートナー兼CEO)
 
=======ご参加お申し込み=======
■ 対象者 どなたでもご来場いただけます。
■ 定員 50 名  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■ 申込み方法 事前予約制
 
イベントの詳細および申し込み方法は、こちらをご確認ください。
 
タレント・キャンパス・トーキョー公式サイトはこちら





お知らせ『ILO ILO(英題)』11/29(金)緊急追加上映、決定のお知らせ

TOKYO FILMeX (2013年11月 7日 19:26)

コンペティション部門で上映される『ILO ILO(英題)』(アンソニー・チェン監督/シンガポール)の追加上映を、以下の日程・会場で実施します。
 
--------------------------
日時:11/29(金) 10:00 開映(9:40 開場)
会場:有楽町朝日ホール
作品名:『ILO ILO(英題)』(99分)
 
*前売券は11/11(月)より、チケットぴあにて発売します。Pコードは他の作品と同じく551-901です。
チケット情報については、サイトをご確認ください。
--------------------------
 
fc05sub03.jpg
 
『ILO ILO(英題)』作品詳細





お知らせ追加ゲスト発表!

TOKYO FILMeX (2013年11月 6日 16:57)

来日が確定したゲスト情報を、ゲスト・イベントのページに追加しました。
 
ヴェネチア映画祭で審査員大賞を受賞し、記者会見では映画製作からの引退を公言したツァイ・ミンリャン監督(『ピクニック』)。
同じくヴェネチア映画祭のオリゾンティ部門で上映された『わたしの名前は...』で鮮烈な映画監督デビューを果たした、ファッション・デザイナーのアニエス・トゥルブレ(アニエスベー)監督。
観客との直接のQ&Aも予定されており、貴重な機会です。どうぞお見逃しなく!
 
また『わたしの名前は...』作品詳細ページの「ムービー」タブには、映画から部分抜粋を2点、ご紹介しています。撮影もアニエス・トゥルブレ監督自身が担当しています。瑞々しい映像センスを、その目でお確かめください。
 
>>「ゲスト・イベント」ページ
>>『ピクニック』
>>『わたしの名前は...』
 

ss08dir.jpg ss04dir.jpg





« 2013年10月 | トップ | | 2013年12月 »

フィード RSS

【2015年6月】
日  月  火  水  木  金  土 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

【最新情報】
お知らせ第14回東京フィルメックス受賞結果
お知らせ11月29日(金)から12月1日(日)の有楽町朝日ホール当日券
お知らせ11/28(木)『高原の情熱』舞台挨拶変更について
お知らせ11/28(木)、29(金)朝日ホールの当日券について
お知らせ11/27(水)朝日ホールの当日券について
お知らせ11/26(火)朝日ホール当日券について
お知らせ11/25(月)朝日ホール当日券について
お知らせ審査員キャンセルのお知らせ
お知らせ『ILO ILO(英題)』が台北金馬奨で四冠達成!
お知らせ11/24(日)朝日ホール当日券について

【カテゴリー別に読む】
事務局からお知らせ (399)
レポート (12)
イベント・上映情報 (49)
世界の映画祭だより (60)

【月別 バックナンバー】
2015年3月 (1)
2015年2月 (1)
2015年1月 (1)
2014年11月 (4)
2014年10月 (6)
2014年9月 (3)
2014年4月 (2)
2014年3月 (1)
2014年2月 (3)
2014年1月 (1)
2013年12月 (3)
2013年11月 (18)
2013年10月 (6)
2013年9月 (2)
2013年8月 (2)
2013年4月 (1)
2013年2月 (4)
2013年1月 (1)
2012年12月 (3)
2012年11月 (11)
2012年10月 (2)
2012年9月 (7)
2012年8月 (4)
2012年4月 (1)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (2)
2011年11月 (20)
2011年10月 (12)
2011年9月 (5)
2011年8月 (6)
2011年7月 (1)
2011年6月 (1)
2011年5月 (2)
2011年4月 (1)
2011年3月 (3)
2011年2月 (1)
2011年1月 (6)
2010年12月 (2)
2010年11月 (12)
2010年10月 (13)
2010年9月 (5)
2010年8月 (4)
2010年7月 (1)
2010年5月 (1)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (11)
2009年11月 (16)
2009年10月 (22)
2009年9月 (17)
2009年8月 (6)
2009年7月 (4)
2009年6月 (2)
2009年4月 (6)
2009年3月 (1)
2009年2月 (11)
2009年1月 (6)
2008年12月 (1)
2008年11月 (20)
2008年10月 (7)
2008年9月 (5)
2008年8月 (1)
2008年7月 (5)
2008年6月 (3)
2008年5月 (4)
2008年2月 (1)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (17)
2007年10月 (10)
2007年9月 (5)
2007年8月 (6)
2007年7月 (7)
2007年6月 (2)
2007年5月 (8)
2007年4月 (18)
2007年3月 (8)
2007年2月 (2)
2006年12月 (14)
2006年11月 (17)
2006年10月 (5)
2006年9月 (2)
2006年6月 (2)
2006年5月 (6)
2006年4月 (4)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年11月 (7)
2005年10月 (5)
2005年9月 (3)
2005年7月 (1)
2005年6月 (4)
2005年5月 (4)
2005年4月 (1)
2005年3月 (4)
2005年2月 (2)
2005年1月 (1)
2004年11月 (1)
2004年7月 (3)
2004年4月 (2)

「ニュース」内で検索


Back ←↑ Top





KEIRIN.JP夢への補助輪本映画祭は公益財団法人JKAによる「競輪公益資金」の補助を受けて開催します。

開催アーカイブ
サイト内検索 by Google

●お問い合わせ ●プライバシーポリシー ●リンクについて ●プレス
●第15回東京フィルメックス・チラシ(PDF)

© TOKYO FILMeX 2014