丸の内文化力 三菱地所 国連UN excite ism DMM.com ポカリスエット ECC 日本芸術文化振興会 カナダ アニエスベー Ring Ring バンダイビジュアル エールフランス航空 松竹 BERLINARE TALENTS ARTS COUNCIL TOKYO 東京都 TALENTS TOKYO





» 事務局からお知らせ


» レポート


» イベント・上映情報


» デイリーニュース


» ブロードキャスト


ニュース

世界の映画祭だより



世界の映画祭『東京プレイボーイクラブ』ロッテルダム映画祭コンペ上映決定!

TOKYO FILMeX (2012年1月12日 11:27)

第12回東京フィルメックスのコンペティション部門で上映され、学生審査員賞を受賞した『東京プレイボーイクラブ』(奥田庸介監督)が、1月25日から開催される第41回ロッテルダム国際映画祭のタイガー・アワード部門(コンペティション)で上映されることが発表されました。
 
昨年の同部門では『ふゆの獣』(内田伸輝監督、第11回東京フィルメックス最優秀作品賞)が上映されて、海外の映画関係者と映画ファンの大きな反響を呼びました。フィルメックスコンペ作品からは2年連続の上映となります。
 
ヨーロッパプレミアとなる今回の映画祭には、奥田監督も出席を予定とのことです。
 
<第41回ロッテルダム映画祭 公式サイト>(英語)
 
<東京プレイボーイクラブ 公式サイト>
fc09main.jpgのサムネール画像
(C) 2011 東京プレイボーイクラブ





世界の映画祭『妖しき文豪怪談』がロッテルダム映画祭で上映

TOKYO FILMeX (2011年1月24日 16:50)

昨年の第11回東京フィルメックス特別招待作品として上映された『妖しき文豪怪談』が第40回ロッテルダム国際映画祭Spectrum部門にて上映されることが発表されました。日本の文豪が描く怪談の世界を、海外からも注目を集める4人の気鋭の監督たちが映像化した、NHK制作による意欲的なプロジェクト。海外での初めてのお披露目となる同映画祭には、4人の監督たちも参加予定とのことです。
 
ロッテルダム映画祭公式サイト
 
既報の通り、タイガーアワード部門(コンペティション)に参加する、『ふゆの獣』(内田伸輝監督)とともに、現地での反響やその後の海外への展開が期待されます。
 
------
 
以下、東京フィルメックスにて上映された際のQ&Aならびに授賞式の模様です。ぜひご覧ください。
 
■デイリーニュース(テキスト)
『葉桜と魔笛』Q&A

『後の日』Q&A
 

■東京フィルメックス公式サイト
「ブロードキャストコーナー」にて
『葉桜と魔笛』Q&A

『後の日』Q&A





世界の映画祭渋谷実監督8作品がベルリン映画祭で上映

TOKYO FILMeX (2011年1月24日 16:49)

昨年の東京フィルメックスの特集上映「ゴールデン・クラシック1950」の上映作品のうち、渋谷実監督による8作品が、来月開催されるベルリン国際映画祭フォーラム部門にて上映されることが発表されました。
これまで渋谷作品がまとまった形で海外で紹介されることがなく、この上映が「松竹黄金期の三大巨匠」のうち、いまだ世界に知られざる監督であった渋谷実監督にあらためてスポットをあてる機会となることが期待されます。
 
◎上映作品
『本日休診』
『現代人』
『正義派』*
『悪女の季節』
『もず』*
『好人好日』*
『酔っぱらい天国』*
『大根と人参』*
全8作品
 
*印=ニュープリント
ニュープリントの5作品の字幕は『東京文化発信プロジェクト』の一環として、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団の協力により制作されました。
 
ベルリン映画祭公式サイト





世界の映画祭『ふゆの獣』がロッテルダム映画祭コンペ部門に選出

TOKYO FILMeX (2011年1月13日 16:21)

昨年の第11回東京フィルメックスのコンペティション部門にて上映され、最優秀作品賞を受賞した『ふゆの獣』(内田伸輝監督)が、今月26日(水)からオランダで開催される第40回ロッテルダム国際映画祭タイガーアワード部門(コンペティション)にて上映されることが発表されました。
同部門における唯一の日本映画作品です。
 
過去に『まぶだち』や『渚のシンドバッド』などの日本映画が受賞し、記憶に新しいところでは2009年にヤン・イクチュン監督『息もできない』が受賞して世界中の注目を大きく集めるきっかけとなった同部門への参加だけに、期待が高まります。授賞式は2月4日(金)に行われます。
 
ロッテルダム国際映画祭公式サイト(英語)
タイガーアワード部門ノミネート作品





世界の映画祭第63回カンヌ国際映画祭レポート

TOKYO FILMeX (2010年8月24日 19:37)

img-824190334-0001.jpg

作品の多様性を守る砦に--今年のカンヌ国際映画祭から
 
"ハリウッド化"が進む中で観る側に異なる視点を提供
 
 先月23日に閉幕した第63回カンヌ国際映画祭は、均質化に向かう世界の中で映画祭こそが多様性を守り抜く最後の砦となっていることを実感させた。日本から唯一、コンペティション部門に参加した北野武監督「アウトレイジ」(6月12日公開)は受賞を逃したが、「ちょっと進化したかな」と監督が会見で語った"新しいスタイルへの挑戦"を観客は熱烈な拍手で讃えた。そのコンペ部門で最高賞パルム・ドールに輝いたのは、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の「ブンミおじさん」。生者と死者、現世と異界が共存する幻想的な物語がタイ映画史上初となる栄冠を勝ち取った。
 審査委員長のティム・バートンは会見で「普段では観られない映画によって、違った視点を獲得できるのが映画祭だ。この世界はますます小さく、西洋化、ハリウッド化されている。しかし、この映画には私が見たこともないファンタジーがあり、美しく奇妙な夢のようだった」と授賞理由を説明。これは"なぜ、いま映画祭が必要とされるのか"という問いへの明快な回答とも思える。
 ここ最近、独立系作品をめぐる苦境が喧伝されている。一握りのヒット作に観客が集中するため、アート映画の配給会社も、ミニシアターと呼ばれる映画館も息切れを起こしている。その結果、ネットやデジタル放送、DVDにより鑑賞の選択肢が増えたように見える一方で、映画館で公開される映画の幅が狭くなるような、ねじれ現象が起きている。本来なら、映画館で様々な種類の映画が上映されて観客が集まる状況が理想だが、現状ではその役割を映画祭に求める声が年々高まっている。
 世界の映画祭の中でも抜群に発信力の高いカンヌでは、難解な表現の実験的作品や開幕作「ロビンフッド」のような娯楽大作も、キャリアの有無や製作費の多寡に関係なく複数の上映部門において分け隔てなく上映される。この幅広さが映画祭の魅力であり、生命線といってよい。たとえば、メインのコンペ部門とは別に設けられた「ある視点」部門の開幕作は現在101歳のポルトガルの重鎮マノエル・ド・オリヴェイラ監督の最新作。一方で同部門で上映されたカナダのグザヴィエ・ドーラン監督は長編2作目の弱冠20歳。両監督ともに高い評価を得た。
 翻ってコンペに視点を戻すと、欧米やアフリカにおける戦争やテロをテーマに描いた社会派作品が多かったとも言われたが、まさに動乱の渦中のタイから参加した「ブンミおじさん」からは直接的に国内の混乱の影響は読み取れない。同作の快挙は、審査員団が数々の社会派作品の力量と意義を認めたうえで"映画表現の多様性"を支持した決意表明にほかならない。
 その点において、「アウトレイジ」がコンペに参加していた意味は非常に大きく、そこにカンヌの矜持を感じさせる。「何百本もの映画の中から、カンヌのコンペに選ばれることそのものが栄誉である」と北野監督も語る。作家性を残しつつ暴力と娯楽性にあふれた同作が、アクの強い他の作品に決して埋没することなく、ひときわ個性的な光を放っていたことは、観客の熱狂に証明されている。多様性は時に自分の思いもよらない世界を見せてくれる。この出会いこそが映画祭だ、とも思う。
(報告者:東京フィルメックス/岡崎 匡)
 
*2010年6月11日(金) 公明新聞より転載





世界の映画祭第44回カルロヴィヴァリ国際映画祭レポート

TOKYO FILMeX (2009年8月18日 12:19)

第44回カルロヴィヴァリ国際映画祭レポート
<Another View -- TOKYO FILMeX Presents>上映報告

チェコのカルロヴィヴァリ国際映画祭にて、Another View部門“東京フィルメックス・プレゼンツ”として、第9回東京フィルメックスの日本映画3本(『愛のむきだし』園子温監督、『ノン子36歳(家事手伝い)』熊切和嘉監督、『PASSION』濱口竜介監督)が上映されました。

各作品2回ずつ上映が行なわれ、いずれも満席となりました。学生を中心に若い観客層が多く、ストレートに映画を楽しんでいる反応の良さが見受けられました。セリフや画面に敏感にリアクションして、時折クスクス笑いも漏れ、作品が受け入れられている手応えを感じさせました。

熊切監督、濱口監督が映画祭に参加し、Q&Aを行いました。登場人物などについての素直な疑問や背景となっている日本社会に対する質問などが寄せられました。特に、『ノン子36歳(家事手伝い)』『PASSION』とも、キャラクターの設定として、安定した仕事を得ることが容易ではない若い世代が描かれていることについて、それまでの先入観とは違った日本の現状の一側面に触れたという驚きがあった様子で、「今の日本は本当にそうなのか?」という質問が出ました。

観客のノリの良さやリラックスした映画祭の雰囲気は、両監督にとっても新鮮な体験となった様子でした。日本から遠く離れたこの地でも素直に映画を楽しもうとする観客たちに出会ったことが刺激になり、今後の創作に向けてより一層の意欲をかき立てられていらっしゃいました。自作の上映やQ&Aを行なったのみならず、映画祭を堪能して、幅広いプログラムから様々な映画を見たり、地元名物の飲む温泉などを観光をしたり、充実した滞在となったことと思います。

また、両監督とも映画祭の中で見たお気に入りは、毎回本編前にかかる映画祭オフィシャル・トレーラーと語られていました。映画祭のトロフィーを題材にしての短編は、出演者も豪華で、完成度の高いコメディ仕立てになっているのも贅沢です。こうした映画祭側の粋な演出が、映画を楽しもうという雰囲気の盛り上げに一役買っています。

(報告者:森宗厚子)

※なお、キネマ旬報(8/22発売号)にて「カルロヴィヴァリ映画祭レポート記事」が掲載されます。


【カルロヴィヴァリ映画祭オフィシャル・トレーラー】

44th KVIFF Official Festival Trailer - Jiri Menzel

44th KVIFF Official Festival Trailer - Andy Garcia


※関連記事※
第44回カルロビバリ国際映画祭にて、東京フィルメックスで上映された日本映画3作品が上映されます

【概要】
第44回カルロヴィヴァリ国際映画祭(2009年7月3日~11日)

上映回数:464回
上映作品数:232作品
・劇映画:194本(長編181本/短編13本)
・ドキュメンタリー:38本(長編27本/短編11本)

IDパス登録者:1786人
内訳(監督:342人/映画業界:814人/プレス:628人)

映画祭パス:10,277枚
チケットの売り上げ数:131,293枚

カルロヴィヴァリ国際映画祭公式サイト(チェコ語、英語)

受賞結果のプレスリリース





世界の映画祭第62回カンヌ国際映画祭レポート

TOKYO FILMeX (2009年8月 3日 12:44)

カンヌから「映画の未来」を見据える

スターが集う華やかさの一方で若い才能を支援する多くの企画

◆作品上映が最大の支援
 第62回カンヌ国際映画祭が先月開催された。メインのコンペ部門では常連が顔をそろえ、ミヒャエル・ハネケの『ザ・ホワイト・リボン』がパルム・ドール(最高賞)に輝いた。「例年よりも作品の水準が高い」という評判の中で、ベテランが実力通りの貫禄を見せ、気鋭の若手たちは意欲的な作品を発表して確かな一歩を踏み出した。そこには、未来を担う映画作家を積極的に支援する映画祭の姿勢がはっきりと見えた。
 当然ながら、作品を上映することが映画祭による最大の支援だ。もっとも注目を集めるコンペの他にも"ある視点"や"監督週間""批評家週間"など多くの部門があり、そこに並んだ作品にはきらめく可能性が秘められている。
 中でも注目は、1998年に創設されたシネフォンダシオン部門だ。カンヌの総代表ジル・ジャコブの肝いりで始められ、当初は学生による短編映画を上映する部門だった。映画学校から推薦された作品を上映し、審査を行い、一席を獲得した監督には長編1作目がカンヌの公式部門で上映されることが約束される。
 2000年からは新たに<レジデンス>が始まった。選抜された監督がパリに4か月半にわたり滞在、そこで企画開発や脚本執筆に取り組む。これは映画よりも美術の分野で広く定着している手法だ。今年のカンヌで「インディペンデンシア」「マニラ」の二本が上映されたフィリピンの異才ラヤ・マルティンもレジデンス出身だ。
 <アテリア>という企画マーケットも05年より開始。監督たちにプレゼンテーションの場が与えられ、製作会社や出資者とのマッチングを行う。今年の上映作品では、コンペの「顔」(ツァイ・ミンリャン/台湾)、ある視点のポルトガル映画「男らしく死ぬために」などが、2年前のアテリアに選ばれた企画だった。

◆花開く若い作家たち
 創設から12年を経て、これら3つの軸が有機的に機能し、一定の成果を挙げ始めている。その一例が近年勢いが目覚ましいルーマニア出身のコルネリウ・ポルンボイウだ。04年に短編がシネフォンダシオンで上映されて二席を獲得。翌05年にはレジデンスに選抜され、06年のデビュー作でカメラドールに輝いた。そして、2作目の「警察、形容詞」は今年のある視点で上映されて審査員賞、とまさにシンデレラストーリーを地で行く。「警察、形容詞」は官僚主義への痛烈な批判を、カメラの長回しや、繰り返しの演出によってユーモアでうまく包み込むことに成功した、特異な作品だ。
 もちろん、シネフォンダシオンはあくまでも「きっかけ」や「場」であり、それを活かすのは作り手次第だ。しかし、世界中から映画の目利きが集まるカンヌにおいて、スポットライトがあたるステージが用意されている魅力は何物にも替え難い。
 スターがレッドカーペットを上った先の、同じ建物の中でジーンズ姿の学生が、上映前にたどたどしい英語でスピーチをしている。数年後にはタキシード姿で、隣の会場に立っているかもしれない。一方で、この部門での日本映画の長い不在について考える。製作環境に恵まれた国だから、あまり気にされないのだろうか。
 だが、ここには資金だけではない、もっと多義的なチャンスが転がっている。そして、映画祭は「映画の未来」を見据えて彼らを待っている。

(報告者:岡崎 匡)





世界の映画祭第10回チョンジュ国際映画祭(4/30-5/8) まもなく開幕!

TOKYO FILMeX (2009年4月28日 17:45)

韓国のチョンジュ(全州)国際映画祭が第10回の開催を迎え、世界40カ国から長編147本と短編53本を上映する。

2000年より、インディペンデント/アート映画/デジタルシネマなどに焦点をあて先端的な作家を紹介しており、毎年3人の監督による短編オムニバスを製作する「Jeonju Digital Project」も話題となっているが、今年は韓国のホン・サンス、日本の河瀬直美、フィリピンのLav Diazによる作品がお目見えする。

コンペティション部門は、監督1~2作目の長編を対象として、タイ、フィリピン、アルゼンチン、ルーマニア、ノルウェイ、ドイツ、アメリカなどからの13作品を取り上げる。日本からは池田千尋の『東南角部屋 二階の女』が上映される。審査員は、映画監督のキム・ドンワン(韓国)、柳町光男(日本)、Mahamat-Saleh Haroun(チャド)、映画評論家のAdrian Martin(オーストラリア)、Richard Porton(アメリカ)の5名がつとめる。

デジタルシネマによる映画作りが活性化しているフィリピンからは、各部門で作品を取上げている。とりわけ、1984年生まれのRaya Martinの特集は、今年のカンヌ映画祭ある視点部門に新作“Independencia”が選出されたところでもあり、注目を集めるだろう。

また、Cinema Scape部門では、ジョアナ・ハジトゥーマ&カリル・ジョレイジュ『私は見たい』(昨年の東京フィルメックスで上映)や、内藤隆嗣『不灯港』など世界各国の作品が紹介される。

日本からは、他部門も含めると『buy a suit スーツを買う』(市川準)、『斬~KILL~』(押井守、深作健太、辻本貴則、田原実)、『ブタがいた教室』(前田哲)、田中登特集(3作品)が上映される。

チョンジュ映画祭は、韓国インディペンデント映画の紹介にも力を入れており、韓国作品については長編部門と短編部門のコンペティションを行なう。また、韓国のレトロスペクティブ部門も2003年以来復活し、修復された『下女』(キム・ギヨン)を含め『Sweet Dreams』(1936, Yang Ju-nam)から『The Last Witness』(1980, Lee Doo-yong)まで、近年再評価されている4作品を上映する。また、韓国インディペンデント映画史の重要監督としてHong Ki-Seonの特集を行なう。

他に特集上映としては、イエジー・スコリモフスキー監督特集、スペインのPere Portabella監督特集 スリランカ映画特集が組まれている。

10周年記念の特別企画として、「チョンジュ映画祭で見い出された監督たち」では、山下敦弘『どんてん生活』、ポン・ジュノ『吠える犬は噛まない』、アピチャッポン・ウィーラセタクン『真昼の不思議な物体』、ワン・ビン『鉄西区』など、また、「チョンジュ映画祭受賞者の新作上映」として、イン・リャン『好猫/グッド・キャット』、荻上直子『バーバー吉野』などが上映される。

なお、10周年を記念し、インディペンデント映画の製作支援をめざして、企画マーケットも立ち上げられる。

チョンジュ国際映画祭公式サイト

(報告者:森宗 厚子)





世界の映画祭第22回シンガポール映画祭(4/14-4/25) 開幕

TOKYO FILMeX (2009年4月17日 17:59)

シンガポール映画祭 公式サイト

第22回シンガポール映画祭では、34か国から193作品(ワールド・プレミア25本、アジア・プレミア34本)が上映される。

オープニング作品「Sincerely Yours」は、台湾で働く外国人違法労働者たちを描いた台湾のリッチ・リー監督の第1作。クロージングは、トルコ映画の「Milk」(Semih Kaplanog監督)。

アジアの長編映画のコンペティション部門は、中国映画3本ほか、東南アジア、韓国、イランなどから新進監督による12作品がラインナップされている。(なお、『マキシモは花ざかり』のアウレウス・ソリト監督による新作『BOY』は当局の検閲により上映キャンセルとなった。)

日本から『歩いても 歩いても』(是枝裕和監督)、の『人のセックスを笑うな』(井口奈己監督)がコンペ外部門で上映される。

特集上映としては、<アモス・ギタイ回顧上映>、ラット・ペスタニーなどの作品も含まれた<タイ・フィルム・アーカイブ25周年記念特集>が組まれている。

また、今年からシンガポール映画の長編を対象にしたコンペティションが新設され、ロイストン・タン監督の『12Lotas』など6作品がノミネートされている。これまでシンガポール映画は短編コンペのみが行なわれてきたが、長編の製作が増えつつある傾向を迎え成長のきざしのあるシンガポール映画に脚光をあてるものとなる。参加資格として、主なロケ地がシンガポール国内であり、監督・プロデューサー・脚本家・俳優ら製作スタッフがシンガポール人または永住権保持者であることとされ、いまだ確立されていない「シンガポール映画とは何か」というテーマを模索する機会ともいえる。

12日間に渡って、市内8会場にて開催される。国立博物館映像ホールをメインに徒歩圏内に会場を設定し利便性を高めている。また、週末の深夜上映も6年ぶりに復活し、国立博物館の敷地内で無料の野外上映も行ない、アート志向の層に留まらず幅広い観客の参加を促している。

以上





世界の映画祭第44回カルロビバリ国際映画祭にて、東京フィルメックスで上映された日本映画3作品が上映されます

TOKYO FILMeX (2009年4月14日 14:38)

第44回カルロビバリ国際映画祭(チェコ/7月3~11日開催)にて、<Independent Japanese films in Karlovy Vary>として、第9回東京フィルメックス上映作品の『愛のむきだし』(園子温監督)、『ノン子 36歳(家事手伝い)』(熊切和嘉監督)、『PASSION』(濱口竜介監督)の3本が上映されることになりました。

これは、昨年のカルロビバリ映画祭にドキュメンタリー部門審査員として東京フィルメックスより林 加奈子ディレクターが参加したことを機縁に、日本映画の紹介を働きかけたことがきっかけになったものです。

特集上映の開催にあたり、カルロビバリ国際映画祭のプログラムディレクター、ジュリエッタ・シーシェル氏より、以下のコメントが寄せられました。

------ * -------- * ---------
東京フィルメックスと共に、インディペンデント作品を称えられる機会は大変嬉しく、『愛のむきだし』『PASSION』『ノン子36歳(家事手伝い)』という素晴らしい3作品を紹介できることに、私たちの胸は高鳴っています。ヨーロッパプレミアで無くとも、この3作品上映について発表した直後から、既に事務局にはセールス・エージェントや配給会社からの問い合わせが相次いで来ていて、私たちは大変喜んでいます。
(カルロビバリ国際映画祭・プログラムディレクター、ジュリエッタ・シーシェル)
------ * -------- * ---------

また、公式サイトでは現在も新作の応募をオンラインで受け付けており、締切は、4月17日となっています。

なお、園子温監督は『紀子の食卓』が2005年にカルロビバリ映画祭のコンペ部門でスペシャル・メンションなどを受賞しています。熊切和嘉監督と濱口竜介監督の作品は、カルロビバリ初お目見えとなります。

熱心な観客に支えられるカルロビバリ映画祭で、これら3作品がどのような反響を呼ぶか楽しみです。

第44回カルロビバリ映画祭 公式サイト

Independent Japanese films in Karlovy Varyについてはこちら

昨年(第43回)カルロビバリ映画祭レポートはこちら





« | トップ |

フィード RSS

【2015年6月】
日  月  火  水  木  金  土 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

【最新情報】
世界の映画祭『東京プレイボーイクラブ』ロッテルダム映画祭コンペ上映決定!
世界の映画祭『妖しき文豪怪談』がロッテルダム映画祭で上映
世界の映画祭渋谷実監督8作品がベルリン映画祭で上映
世界の映画祭『ふゆの獣』がロッテルダム映画祭コンペ部門に選出
世界の映画祭第63回カンヌ国際映画祭レポート
世界の映画祭第44回カルロヴィヴァリ国際映画祭レポート
世界の映画祭第62回カンヌ国際映画祭レポート
世界の映画祭第10回チョンジュ国際映画祭(4/30-5/8) まもなく開幕!
世界の映画祭第22回シンガポール映画祭(4/14-4/25) 開幕
世界の映画祭第44回カルロビバリ国際映画祭にて、東京フィルメックスで上映された日本映画3作品が上映されます

【カテゴリー別に読む】
事務局からお知らせ (399)
レポート (12)
イベント・上映情報 (49)
世界の映画祭だより (60)

【月別 バックナンバー】
2015年3月 (1)
2015年2月 (1)
2015年1月 (1)
2014年11月 (4)
2014年10月 (6)
2014年9月 (3)
2014年4月 (2)
2014年3月 (1)
2014年2月 (3)
2014年1月 (1)
2013年12月 (3)
2013年11月 (18)
2013年10月 (6)
2013年9月 (2)
2013年8月 (2)
2013年4月 (1)
2013年2月 (4)
2013年1月 (1)
2012年12月 (3)
2012年11月 (11)
2012年10月 (2)
2012年9月 (7)
2012年8月 (4)
2012年4月 (1)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (2)
2011年11月 (20)
2011年10月 (12)
2011年9月 (5)
2011年8月 (6)
2011年7月 (1)
2011年6月 (1)
2011年5月 (2)
2011年4月 (1)
2011年3月 (3)
2011年2月 (1)
2011年1月 (6)
2010年12月 (2)
2010年11月 (12)
2010年10月 (13)
2010年9月 (5)
2010年8月 (4)
2010年7月 (1)
2010年5月 (1)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (11)
2009年11月 (16)
2009年10月 (22)
2009年9月 (17)
2009年8月 (6)
2009年7月 (4)
2009年6月 (2)
2009年4月 (6)
2009年3月 (1)
2009年2月 (11)
2009年1月 (6)
2008年12月 (1)
2008年11月 (20)
2008年10月 (7)
2008年9月 (5)
2008年8月 (1)
2008年7月 (5)
2008年6月 (3)
2008年5月 (4)
2008年2月 (1)
2008年1月 (1)
2007年12月 (2)
2007年11月 (17)
2007年10月 (10)
2007年9月 (5)
2007年8月 (6)
2007年7月 (7)
2007年6月 (2)
2007年5月 (8)
2007年4月 (18)
2007年3月 (8)
2007年2月 (2)
2006年12月 (14)
2006年11月 (17)
2006年10月 (5)
2006年9月 (2)
2006年6月 (2)
2006年5月 (6)
2006年4月 (4)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年11月 (7)
2005年10月 (5)
2005年9月 (3)
2005年7月 (1)
2005年6月 (4)
2005年5月 (4)
2005年4月 (1)
2005年3月 (4)
2005年2月 (2)
2005年1月 (1)
2004年11月 (1)
2004年7月 (3)
2004年4月 (2)

「ニュース」内で検索


Back ←↑ Top





KEIRIN.JP夢への補助輪本映画祭は公益財団法人JKAによる「競輪公益資金」の補助を受けて開催します。

開催アーカイブ
サイト内検索 by Google

●お問い合わせ ●プライバシーポリシー ●リンクについて ●プレス
●第15回東京フィルメックス・チラシ(PDF)

© TOKYO FILMeX 2014