第20回東京フィルメックス 上映作品について

第20回東京フィルメックスの作品募集期間は終了いたしました。

規約

第19回東京フィルメックス受賞結果

第19回東京フィルメックスコンペティション部門審査員は以下の作品に賞を贈ります。

【第19回東京フィルメックス コンペティション 受賞結果】

【最優秀作品賞】 

『アイカ(原題)』Ayka
監督:セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ (Sergei DVORTSEVOY)
ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン、中国 / 2018 / 100分

副賞として賞金100万円が監督に授与されます。
授賞理由;
最優秀作品賞はセルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督の「アイカ」に贈る。出産後新生児を残して病院を逃げた25歳のキルギス人の女性の物語。借金を返そうと様々な仕事に就こうとするがうまくいかない。
本作はこの女性に降りかかる過酷な現実とモスクワで移民として生き抜いて行こうする彼女の意志を見事に描いている。ドキュメンタリー映画出身の監督は残酷な境遇を核心的でリアルなやり方で捉えている。各シーンは緊張に満ちていて見る者の心を打つ。

【審査員特別賞】 

『轢き殺された羊』 Jinpa
監督:ペマツェテン(Pema Tseden)
中国 / 2018 / 86分

副賞として賞金50万円が監督に授与されます。
授賞理由;
「私の夢を教えても、おそらくあなたは忘れるだろう。私が夢に従って行動すれば、あるいはあなたは覚えるかもしれない。ただ、私の夢にあなたを巻き込めば、それはあなたの夢にもなる。」
このチベットに箴言に始まるこのポップな西部劇ロードムーヴィは二人ともジンパという名の謎の人物とココシリへと私たちを誘う。一人は復讐のために人殺しを企て、もう一人は誤って殺してしまった羊の済度を求める。
息をのむ映像で神秘的でオペラのような夢の如く物語は語られ、チベット語で歌われる「オーソレミオ」で強調される。

【スペシャル・メンション】 

『夜明け』 His Lost Name
監督:広瀬奈々子(HIROSE Nanako)
日本 / 2018 / 120分

授賞理由;
審査員は広瀬奈々子監督の「夜明け」をスペシャルメンションとしたい。
本作は、見事な脚本と演出により、柳楽優弥が人生を模索する青年を力強く演じるファミリードラマである。この若い女性監督の明晰なデビュー作品は日本映画の未来への一条の明るい光となった。


■第19回東京フィルメックス コンペティション審査員:
ウェイン・ワン(審査委員長:米国/映画監督)、モーリー・スリヤ(インドネシア/映画監督)、エドツワキ(日本/イラストレーター、アート・ディレクター)、ジーン・ノ(韓国/ジャーナリスト)、西澤彰弘(日本/東京テアトル株式会社映画興行部長)


■観客賞

『コンプリシティ』 Complicity
監督:近浦啓 (CHIKAURA Kei)
日本、中国 / 2018 / 116分 製作:クレイテプス

■学生審査員賞

『ロングデイズ・ジャーニー、イントゥ・ナイト(仮題)』 Long Day’s Journey into Night
監督:ビー・ガン(BI Gan)
中国、フランス / 2018 / 140分
配給: リアリーライクフィルムズ / ガチンコ・フィルム / シネフィル

授賞理由;
男と女、2人の究極的な愛は、地球の自転にも抗った。
男が誰と出会ったのか、本当に出会ったのかさえ不確かだが。
ようやく縫い合わせた錆びた記憶の欠片たちと、眠ってしまったのかと錯覚してしまう夢のような一時。
「意味」は遥か先に隠され、どこを探しても見つけらない。
僕らは宇宙からやってきた監督に別世界に、別の宇宙に連れ去られた。
大冒険は終わったのか、まだ帰ってきているのかも分からない。
映画表現へのこの革命的ギャンブルは、新たな扉を叩いただろう。
そして、映画に対する確固たる愛と覚悟を見せつけ、僕らの背中も大きく押してくれた。

● 学生審査員:
石井達也(東放学園映画専門学校卒)、池本ミナミ(大阪芸術大学映像学科卒)、久米修人(日本映画大学)

TOPICS

第19回東京フィルメックス終了のご報告


2018年11月17日(土)から11月25日(日)の会期で「第19回東京フィルメックス」を開催いたしました。 詳細につきましては、以下の通り、ご報告差上げておりますが、前年を大きく上回る多くの方にご来場いただきました。厚く御礼を申し上げます。 上映全35作品の監督はじめ、ご出品にご尽力いただきました皆様、そして上映当日ご登壇いただいた、82名の来場ゲストの皆様にも心より御礼申し上げます。 今年の第19回に際しては、春先に多くの方に開催のご心配をおかけしましたが、数多くの個人・法人の方々からご支援、ご協力をいただいたからこそ、無事に開催し、閉幕に至りました。この場をお借りして、皆様のご支援に厚く御礼申し上げます。 開幕直前の11月8日、当会は東京都知事より認定NPO法人に認定されましたので、併せてご報告いたします。 引き続きのご支援のほど、心よりお願い申し上げます。 (ご支援はこちらから) 来年は11月23日(土)から12月1日(日)の会期で「第20回東京フィルメックス」の開催を予定しています。皆様のご来場お待ちしております。   特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会 詳細は以下からPDFをダウンロードしてご覧ください。 第19回東京フィルメックス結果報告
詳細を見る

TOPICS

【どなたでも参加できます!】フィルメックス作品の批評を一般公募しています!国際批評フォーラム「映画批評の現在と未来を考える」開催中!


【参加者&投稿者、募集!】 東京フィルメックスでは、これまでに現代における映画と社会の関わりを探ってきました。今年は、先ず新聞の映画記者にお集りいただき、日本の映画批評の現在地を検証します。次に、海外の識者としてフランスから映画評論家でカンヌ映画祭批評家週間ディレクターのシャルル・テッソン氏を招き、講演を行ないます。そして今年も昨年同様、第19回東京フィルメックスの上映作品を鑑賞後、書かれた批評を一般から公募します。映画祭の最終日には、ふりかえりを行い、講師から講評していただきます。優れた批評は、映画祭期間終了後に、公式サイトで公表し、この国際批評フォーラムのレポート掲載と併せて、批評について考える機会を広げることも目指します。
詳細を見る

ラインナップ発表会見を行いました!(2018/10/4)

ゲーテ・インスティトゥートにて2018年のラインナップ発表記者会見を行いました!
市山尚三ディレクターの解説のもと、フィルメックスならではの作品たちが今年も勢揃いしました。
会見の模様は、後日、こちらの「デイリーニュース」でも詳細をご報告させていただきます。

※本サイトでも「プログラム」「チケット」情報を更新しました。今後も、作品情報など、順次追加していきます。

東京フィルメックス・コンペティション
特別招待作品
特集上映 アミール・ナデリ
賞・審査員
チケット

デイリーニュース

【レポート】開会式
2018年11月19日
11月17日(土)、TOHOシネマズ日比谷スクリーン12にて、第19回東京フィルメックスの開幕式が行われた。今春、長らくフィルメックスの主力スポンサーだったオフィス北野による支援が打ち切られ、一時期は開催が危ぶまれていたフィルメックスだが、新たに木下グループの支援を得て開催......

「【レポート】開会式」詳細へ

ブロードキャスト


11/25『プラネティスト』舞台挨拶
有楽町朝日ホール

豊田 利晃(映画監督)
宮川 典継(レジェンドサーファー)
窪塚 洋介(俳優)
渋川 清彦(俳優)
中村 達也(ドラマー)
ヤマジカズヒデ(ギタリスト)

市山 尚三 (東京フィルメックス ディレクター)

日本 / 2018 / 166分
監督:豊田 利晃(TOYODA Toshiaki)

PLANETIST
Japan / 2018 / 166 min.
Director: TOYODA Toshiaki

11/25『プラネティスト』舞台挨拶

支援する

shiensuru

東京フィルメックスは、皆さんに支えられている国際映画祭です。
アジアを中心とした世界から独創的な作品を集め、未知なる作品や驚くべき才能との出会いを通して、より進化した豊かな映画文化を創造します。
また、子ども達への鑑賞者教育やバリアフリー上映など、映画をより多くの人に触れていただけるよう務めます。
一人でも多くの皆様からの様々な形でのご支援、心よりお待ちしております。

支援する