【追悼・寺尾次郎さん】

今週6月6日に、字幕翻訳家の寺尾次郎さんがお亡くなりになりました。

東京フィルメックスとのご縁では、映画祭期間中は、会場にも何度もご来場され、ゲストや他の来場の映画関係者と交流されていた姿が印象的です。加えて光栄なことに、東京フィルメックスでは毎年必ず上映作品の字幕翻訳を寺尾さんにご担当いただいていました。昨年の第18回東京フィルメックスでは特別招待作品で上映されたジャ・ジャンクー、ウォルター・サレス等が<時間>をテーマに参加したオムニバス「時はどこへ?」が、寺尾さんに字幕をご担当いただいた最後の作品になってしまいました。
また、現在では東京フィルメックスでも恒例のイベントとなっている「字幕翻訳セミナー」。2009年に初めて開催した際、イベントの発起人で中国語通訳・翻訳家の樋口裕子さん、アテネ・フランセ文化センターの赤松さんと共同で講師を務められたのも寺尾さんでした。現場の制作者、翻訳者による貴重な証言を詰めかけた聴衆と共有いただき、貴重な機会となりました。
突然のお別れとなり驚きとともに深い悲しみで一杯ですが、寺尾さんの東京フィルメックスへの長年のご厚情に感謝申し上げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
東京フィルメックス一同

【お知らせ】木下グループが東京フィルメックスを支援

このたび、開催中のカンヌ映画祭にて5月9日、木下グループが国際映画祭
「東京フィルメックス」を支援することが発表されましたのでご報告いたします。
発表会には木下グループを代表してキノフィルムズの武部由美子社長と東京フィルメックスの市山尚三プログラム・ディレクターが出席し、現地の映画祭に参加中の国内外の映画・メディア関係者に向け、今年11月に開催する国際映画祭「第19回東京フィルメックス」が木下グループの特別協賛の支援を受けて開催されることを発表しました。
市山プログラム・ディレクターコメント
「東京フィルメックスの新たな出発に際し、木下グループのご支援を得られることになりました。東京フィルメックスは、引き続き、創造性溢れる新たな才能を紹介していきます。」
*第19回東京フィルメックスは、2018年11月17日(土)〜25日(日)、有楽町朝日ホールほかで開催いたします(予定)。
 
*フィルメックスでは皆様からのご寄付を受付しております。
特例認定NPOのフィルメックスへの寄付は、税制優遇の対象になります。

2.寄付をして支援する


 

第19回東京フィルメックス開催のお知らせ

第19回東京フィルメックス開催のお知らせ
「第19回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2018」は下記の通り開催いたします。
期間:2018年11月17日土曜日〜11月25日日曜日(予定)
会場:有楽町朝日ホールほか(予定)
上映作品等の詳細は、2018年10月に発表いたします。
※ご支援のお願い
東京フィルメックスは、アジアの映画作家を育てる国際映画祭を主催するNPO法人です。映画祭等の事業の実施や団体の運営などのNPO活動に対して、皆様のご支援をお願いしております。
特例認定NPOの当会への寄付は、税制優遇の対象となります。
ご支援は「こちら」をクリックしてください。
 
 

第18回東京フィルメックス実施報告

2017年11月18日(土)から11月26日(日)の会期で「第18回東京フィルメックス」を開催いたしました。
開催にあたりまして、大変多くの方々からご支援、ご協力を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。また、多くの方にご来場いただきましたこと、重ねて御礼を申し上げます。詳細につきましては、以下のご報告をご覧ください。来年は11月17日(土)から25日(日)の会期で「第19回東京フィルメックス」の開催を予定しています。
今後とも変わらずのご支援、ご来場をいただきますこと、心よりお願い申し上げます。
東京フィルメックス事務局

第18回東京フィルメックス 実施報告
詳細は以下からPDFをダウンロードしてご覧ください。
第18回東京フィルメックス実施報告

◎総合入場者数 12,113人
(前年=13,163人)
…日劇3でのレイトショーへの平均入場者数は22%増、昨年から導入したU-25割は13.6%増を記録し、観客層の入れ替わりが感じられた。ただし、メイン会場の朝日ホールは平均入場者数が3.3%減となり、総合入場者数は約1,000人減(8%減)となった。
◎劇場観客動員数(実数)    10,861人 (前年=11,977人)
 上映作品本数=25本       (前年上映作品本数=22本)
◎サイド・イベント       1,192人 (前年=1,186人)
(タレンツ・トーキョー、スクエア・イベント、フォーラムなど)
◎上映作品本数         (全25作品)
 コンペティション      9作品
 特別招待作品        8作品
 特別招待作品 フィルメックス・クラシック 2作品
 特集上映 ジャック・ターナー 2作品
 映画の時間プラス      4作品
◎登壇ゲスト数(のべ)     計63名
 コンペティション   10名
 特別招待作品     12名
 特集上映         2名
 タレンツ・トーキョー 23名
 審査員          5名
 フォーラム、トークショー 11名
◎受賞結果
・最優秀作品賞(2作同時受賞)
『殺人者マルリナ』(2017年/インドネシア、フランス、マレーシア、タイ)
監督:モーリー・スリヤ『見えるもの、見えざるもの』(2017年/インドネシア、オランダ、オーストラリア、カタール)
監督:カミラ・アンディニ※本年度の審査員特別賞は対象なし
・観客賞
『ニッポン国VS泉南石綿村』(2017年/日本)
監督:原一男
・学生審査員賞
『泳ぎすぎた夜』 (2017年/日本、フランス)
監督:ダミアン・マニヴェル、五十嵐耕平
・Filmarks賞
『泳ぎすぎた夜』 (2017年/日本、フランス)
監督:ダミアン・マニヴェル、五十嵐耕平
・タレンツ・トーキョー・アワード2017
「I wish I could HIBERNATE」(モンゴル)
ピュレヴダッシュ・ゾルジャーガル
・スペシャル・メンション
「Doi Boy」(タイ)
スパッチャ・ティプセナ
※授賞理由などの詳細は、「賞・審査員」ページをご覧ください。
「賞・審査員」
※タレンツ・トーキョー・アワード2017については、TT公式サイトをご覧ください。

国際批評フォーラム「映画批評の現在、そして未来へ」開催

参加者&投稿者、募集中!
国際批評フォーラム「映画批評の現在、そして未来へ」
昨年の国際シンポジウム<アジアからの「映画の未来へ」>では、トニー・レインズ氏が「現代における映画批評の危機」について問題提起されました。
今年は内外の優れた批評家を招き、現在のアジアにおける批評を検証し、2020年以降の映画批評の新たな形を探ります。
日時:11月19日(日)12時~14時(開場11時45分)
会場:有楽町朝日スクエアB(有楽町マリオン11F)
一般対象、入場無料、当日先着順、日本語同時通訳つき
基調講演:
 ジャン=ミッシェル・フロドン(仏/映画評論家)
ラウンドテーブル登壇者:
 ジャン=ミッシェル・フロドン(仏/映画評論家)
 クラレンス・ツイ(香港/映画評論家)
 クリス・フジワラ(アメリカ/映画評論家)
 齋藤敦子(日本/映画評論家)

司会:
市山尚三(東京フィルメックス プログラム・ディレクター)
———————
この国際フォーラムの一環として、第18回東京フィルメックスの上映作品を鑑賞して書かれた批評を一般から公募します。映画祭の最終日にフィードバックを実施し、講師からの講評を受けられる機会を設けます。
優れた批評は、映画祭期間終了後に公式サイトで公表し、この国際批評フォーラムのレポート掲載と合わせて、広く批評について考える機会を広げることも目的とします。
◎批評投稿規定
対象作品:第18回東京フィルメックス上映作品(部門は不問)
内容:日本語であれば批評の形式は自由です(複数の上映作品や、映画祭上映作品以外と関連させて批評してもかまいません)。
文字数:2,000字以内
以下の必要事項を記入した上で、Word形式の原稿ファイルをEメールに添付し、メール本文にも同じ原稿を貼付して送信ください。
————————
・必要記入事項
1、氏名:
2、ペンネーム(希望する場合):
3、メールアドレス:
4、26日(日)12時40分から開催されるフィードバックに参加可能か:出席/欠席/未定
5、映画祭の公式サイトへの掲載になった場合:同意する/同意しない
送信先:review@filmex.jp
投稿締切:2017年11月23日(木・祝)23:59
 



国際批評フォーラム・フィードバック
(批評合評会と振り返り)
11月19日(日)に開催された国際批評フォーラムを受けて、フィードバックを実施します。一般から応募のあった批評の中から数本を映画祭事務局が選び、講師2名に講評を述べていただきます。また、フォーラムで語られた内容を受けて、今年のフィルメックスで上映された作品について参加者と語ります。
講師:齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)
   古賀重樹(日本経済新聞社 文化部 編集委員)
司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラム・ディレクター)
日時:11月26日(日)12時40分〜13時40分(開場12時25分)
会場:有楽町朝日スクエアB(有楽町マリオン11F)
定員50名
当日先着順、日本語のみ、入場無料(どなたでも参加できます)
 


国際批評フォーラム登壇者プロフィール
ジャン=ミシェル・フロドン
(Jean-Michel FRODON/フランス/映画批評家、映画史家)
1953年、パリに生まれる。大学卒業後、10年間の教員生活を経て、81年から85年にかけて写真家として活動。83年からジャーナリスト/映画批評家として、週刊誌『ル・ポワン』に執筆を開始する。90年にフランスを代表する日刊紙『ル・モンド』に移籍、94年から映画欄のシニア・エディターを務める。
98年から2001年には、高等師範学校(Ulm)にて、『スクリーン上の身体』の講義を担当。その一方で、2000年や2002年のカンヌ国際映画祭のオープニング・シンポジウムや、パリのラ・ヴィエットでの<Open Air Summer Film Festival>のプログラミング、映画とデジタル技術に向けた業界関係者の会議など、数々の催しを手掛ける。
2001年12月には、ル・モンドとパリ政策科学研究所の支援の下、インディペンデント映画に関するシンクタンク “L’Exception, groupe de reflexion sur le cinema”を設立。芸術家、哲学者、教育者、文化人といった人々が、映画の現状や映画と社会運動とのあり得るべき関わり方を語る、積極的な意見交換の場となっている。その後、2003年から2009年まで『カイエ・デュ・シネマ』誌の編集長も務める。『映画と国民国家』(野崎歓訳/岩波書店)など、映画批評の著書多数。
クリス・フジワラ
(Chris Fujiwara/アメリカ/映画評論家)
ボストン・フェニックス、Film Comment、Cineaste、季刊インターコミュニケーション、Osian’s Cinemaya、Film Internationalなどで批評を発表。また、2003年に日本で行われた「国際シンポジウム 小津安二郎 生誕100年」ではパネラーを務めた。アメリカのイェール大学などにて映画研究や映画史について教鞭を執った。国際映画批評家連盟、全米映画批評家協会、ボストン映画批評家協会の会員であり、国際映画批評家連盟より刊行された『Undercurrent』の編集長を務めた。著書に「ジャック・ターナー The Cinema of Nightfall」。2011年にはエジンバラ国際映画祭の芸術監督を務めた。現在は日本在住、アテネ・フランセ文化センターで自身の選定による作品の上映と講義による連続シリーズ「現代映画とは何か」や、山形国際ドキュメンタリー映画祭で「ヤマガタ映画批評ワークショップ」の講師を務め、「映画批評コレクティブ」を主宰するなど、精力的に活動を続けている。
クラレンス・ツィ
(Clarence TSUI/ 香港 /映画評論家)
アメリカの「ハリウッド・レポーター」誌に映画評を寄せると共に香港の日刊英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(南華早報)」で中国映画に関するコラムを連載している。また、香港中文大学にてジャーナリズムおよび映画学のコースの教鞭をとっている。2016年3月にはパリ、ポンピドゥセンターにてシネマ・ドゥ・リール映画祭での共産主義時代アルバニアに関するドキュメンタリー・プログラムのキュレーションを行った。カンヌ、ベルリン、ロカルノ、ロッテルダム、ナントなどの国際映画祭で審査員も務めている。
齋藤敦子
(SAITO Atsuko/日本/映画評論家、字幕翻訳家)
静岡県生まれ。奈良女子大学文学部社会学科哲学専攻を卒業後、パリのConservatoire Libre du Cinéma Français, Paris の編集科を修了する。帰国後、フランス映画社宣伝部を経て、フリーの映画評論家、字幕翻訳家として活動している。キネマ旬報や山形新聞などにベルリン、カンヌなどの国際映画祭のレポートを執筆するほか、河北新報ウェブサイトの映画祭レポート「シネマに包まれて」を担当。主な翻訳書にピエール・ブロンベルジェ「シネマメモワール」(白水社)、メアリー・パット・ケリー「スコセッシはこうして映画をつくってきた」(文藝春秋)、トニー・リーヴス「世界の映画ロケ地大事典」(晶文社)、ジョン・バクスター「パリ 快楽都市の誘惑」(清流出版)など。また字幕翻訳ではジャン=ピエール・アメリス『奇跡のひと マリーとマルグリット』、グザヴィエ・ボーヴォワ『チャップリンからの贈りもの』、ミア・ハンセン=ラブ『EDEN/エデン』、アニエス・トゥルブレ『わたしの名前は…』など数多く担当している。
 
国際批評フォーラムフィードバック(批評合評会と振り返り)講師プロフィール
齋藤敦子
(SAITO Atsuko/日本/映画評論家、字幕翻訳家)
上記参照。
古賀重樹
(KOGA Shigeki/日本/日本経済新聞社 文化部編集委員)
1961年、福岡市生まれ。1985年、日本経済新聞社入社。文化部、流通経済部、大津支局長、文化部次長、京都支局長などを経て、2010年から文化部編集委員。著書に「1秒24コマの美」(日本経済新聞出版社)。