東京フィルメックス・コンペティション

『評決』
Verdict
作品詳細

フィリピン / 2019 / 126分
監督:レイムンド・リバイ・グティエレス(Raymund Ribay GUTIERREZ)

ドメスティック・バイオレンスの問題を正面からとらえた作品。日常的に暴力を振るう夫を訴える女性の戦いを臨場感溢れる映像で描く。ブリランテ・メンドーサがプロデュース。ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門で審査員特別賞を受賞。

監督 レイムンド・リバイ・グティエレス(Raymund Ribay GUTIERREZ)
ムービー

11/25 『評決』Q&A

2019.11.28

11/25 『評決』Q&A
有楽町朝日ホール

レイムンド・リバイ・グティエレス(監督)

市山 尚三(東京フィルメックス ディレクター)
松下 由美(通訳)

フィリピン / 2019 / 126分
監督:レイムンド・リバイ・グティエレス(Raymund Ribay GUTIERREZ)

Philippines / 2019 / 126min.
Director: Raymund Ribay GUTIERREZ

ニュース
ただいま準備中です。発表があり次第、掲載いたします。