特集上映 阪本順治

『KT』
KT
作品詳細

日本、韓国 / 2002 / 138分
監督:阪本順治(SAKAMOTO Junji)

1973年に起こった金大中事件を日韓合作で描いたポリティカル・サスペンス。事件に様々な立場から関わった人々の内面に鋭く迫る。佐藤浩市、キム・ガプスらが出演。ベルリン映画祭コンペティションで上映。

監督 阪本順治(SAKAMOTO Junji)

1958年生まれ、大阪府出身。大学在学中より、石井聰亙(現:岳龍)、井筒和幸、川島透といった“邦画ニューウェイブ”の一翼を担う監督たちの現場にスタッフとして参加する。89年、赤井英和主演の「どついたるねん」で監督デビューし、芸術推奨文部大臣新人賞、日本映画監督協会新人賞、ブルーリボン賞最優秀作品賞ほか数々の映画賞を受賞。満を持して実現した藤山直美主演の「顔」(00)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞や毎日映画コンクール日本映画大賞・監督賞などを受賞、確固たる地位を築き、以降もジャンルを問わず刺激的な作品をコンスタントに撮り続けている。昨年は斬新なSFコメディ「団地」(16)で藤山直美と16年ぶりに再タッグを組み、第19回上海国際映画祭にて金爵賞最優秀女優賞をもたらした。その他の主な作品は、「KT」(02)、「亡国のイージス」(05)、「魂萌え!」(07)、「闇の子供たち」(08)、「座頭市 THE LAST」(10)、「大鹿村騒動記」(11)、「北のカナリアたち」(12)、「人類資金」(13)、「ジョーのあした─辰𠮷𠀋一郎との20年─」(16)、「団地」(16)、「エルネスト もう一人のゲバラ」(17)などがある。

ムービー
ただいま準備中です。
ニュース
ただいま準備中です。発表があり次第、掲載いたします。