タレンツ・トーキョー オープンキャンパス「ワールドセールスの役割と海外展開について」

1126oc_0111月26日、有楽町朝日ホール11階スクエアBにて、「ワールドセールスの役割と海外展開について」と題したレクチャーが行われた。東京フィルメックス会期中の6日間にわたって開催された映画人材育成プロジェクト「タレンツ・トーキョー2015」の一環として、一般に公開されているもの。講師は、フランスのセールス・エージェント、メメント・フィルムズ・インターナショナルでマネージング・ディレクターを務めるエミリー・ジョルジュさん。メメント・フィルムズがワールドセールスを手がけた、アンソニー・チェン監督のデビュー作『イロイロ ぬくもりの記憶』(第14回東京フィルメックス観客賞受賞)の例を中心にお話いただいた。

メメント・フィルムズ・インターナショナルは12年前に設立され、フランス国内配給とワールドセールスを行っている。ジャ・ジャンクー監督『長江哀歌』(06、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞)、ローラン・カンテ監督『パリ20区、僕たちのクラス』(08、カンヌ国際映画祭パルムドール)、アスガー・ファルハディ監督『別離』(11、ベルリン国際映画祭金熊賞)、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督『雪の轍』(14、カンヌ映画祭パルムドール)といった作品を手掛けている。ジョルジュさんによると一年間に手がける配給作品は6〜8本、セールスは8〜10本ほど。他の会社に比べて非常に限られた数だというが、「一つの作品に時間を掛け丁寧に取り組みたい」ためという。

ジョルジュさんは年に150〜200本ほど、会社に送られてきた脚本を読むそうで、会社全体では400本ほどになる。脚本の段階でセールスを手がけることを決めた場合、監督にはさまざまな助言を与える。『イロイロ』に対しては7つのバージョンを提案したという。一方、『ワンダフル・タウン』(アーティット・アッサラット監督、07)、『長江哀歌』、『別離』といった作品ではほとんど意見を挟むことがなかったそうだ。

1126oc_02とはいえ、脚本段階でセールス・エージェントと契約するのはお勧めしない、とジョルジュさん。エージェントと合わない可能性もあるし、最終的には自分の意志を反映させるべき、という。契約は、映画が完成し映画祭に出品する前がベスト。映画祭は観客やプレスと作品が初めて出会う場所であるため、どの映画祭に出品するかという選択やその場でどのような宣伝を行うかという戦略は、作家のその後のキャリアを相当程度決定することになるからである。

アンソニー・チェン監督とジョルジュさんの出会いは、2010年の東京フィルメックス。タレンツ・トーキョーの前身となるネクスト・マスターズ・トーキョーで講師を務めたジョルジュさんは、最優秀企画賞を獲得した『イロイロ』の構想に注目する。シンガポール出身の監督自身が少年時代に経験したフィリピン人メイドとの交流と別れを元にした物語。「チェン監督はコミュニケーション能力が非常に高い人物で、落ち着きがあり、明確なビジョンを持っていた」とジョルジュさんは賞賛した。

若い映画作家は十分リサーチし、自分に合うエージェントにコンタクトしてチャンスを掴まなければならない。しかし「普通、エージェントは意地が悪いものです」とジョルジュさん。タレンツ・トーキョーで行う5分間のプレゼンテーション演習は彼らにとって貴重な経験だという。短い時間で十分に注意を引き、アピールするスキルは大きな武器となる。

2011年初め、『イロイロ』の企画に対してシンガポール・フィルム・コミッションから50万USドルの支援が与えられるなど資金面での準備は整ったものの、ジョルジュさんは「2011年の間は撮影に入らず、脚本をより良いものにすることに専念するよう助言しました」。作品は2012年に完成し、2013年5月のカンヌ映画祭監督週間に招待されることになる。上映されたのは日曜の午後で、このように注目を集められる時間帯で上映できたことは大きい、とジョルジュさん。効果的な上映時間を得るため、プログラマーとつながりを持つエージェントを伴って映画祭に参加することは大切、とジョルジュさんは強調する。カンヌといえども二週目の水曜日より前に上映できなければ注目を集めることは難しいため、他の映画祭を選んだ方がよい。どの映画祭がベストかはその作品によって異なるが、『イロイロ』の場合は、小さな映画祭では存在感を発揮できなかったかもしれない、とジョルジュさん。そのカンヌで、『イロイロ』はカメラドールを受賞。以降100以上の映画祭で上映され、11月の台湾金馬奨では四冠を達成するなど大きな注目を集めることとなった。

1126oc_03チェン監督は予告編やポスターデザインを自ら提案したという。テーマがよく表現されたメインビジュアルは、多くの国で採用されることになった。メメント・フィルムズでは『イロイロ』のためにフルカラーで詳細なプレスキットを作成したが、通常、若手監督の作品でここまでコストをかけることはない、とジョルジュさんは言う。その後『イロイロ』はヨーロッパで10社、アジアで8社、中東で1社、南米で4社,北米で2社、その他、TVや航空会社にも販売され、非常に成功した例となった。いずれもしっかりした配給会社で、力を入れて宣伝を行ってくれた、とジョルジュさん。

現在、映画のマーケットは「売れるかダメになるか、中庸がなく極端で、非常に厳しい」状況という。テーマが個性的で、人を驚かせるようなコンセプトの作品がヒットする傾向にあるが、非常に個人的でローカルなテーマを扱った『イロイロ』のように、アピールの戦略によって成功する可能性はある。「どちらにせよ、複製や焼き直しではうまくいきません」

セールス・エージェントには熱意と献身が不可欠、とジョルジュさんは強調する。「利益を重視するならば、若い作家の作品は効率が悪いもの。しかし、私たちは可能性に賭けるのです。情熱を持ち、面倒を見てくれるエージェントを選び、ともに歩むべきです」。チェン監督は現在イギリスとアジアを行き来しながら次回作を準備しているといい、「彼はいつでもベストなものを出すと信じている」とジョルジュさんは期待をこめて語った。

「情熱
を持ったセールス・エージェント」であるメメント・フィルムズとの出会いを始め、東京で培ったコネクションが『イロイロ』とチェン監督の飛躍につながっている。アジアの若いTalents=才能がふさわしいチャンスをつかむ機会として、タレンツ・トーキョーの今後の発展に注目したい。

(取材・文:花房佳代、撮影:明田川志保)

1126oc_04 1126oc_05

『コインロッカーの女』ハン・ジュニ監督Q&A

1125coinlocker_0111月25日、有楽町朝日ホールにてコンペティション作品『コインロッカーの女』が上映され、Q&Aにハン・ジュニ監督が登壇した。本作は赤ん坊の頃にコインロッカーに置き去りにされた女性イリョンと、チャイナタウンで闇貸金業を営む「母」マ・ウヒの愛憎関係を描いている。ハン監督の長編デビュー作であり、自ら脚本も執筆した。ハン監督は「東京フィルメックスは、デビュー前からぜひ行きたいと思っていた映画祭でした。皆さんに映画を楽しんでいただけていたら嬉しいです」と挨拶した。 続きを読む

『消失点』ジャッカワーン・ニンタムロン監督Q&A

1125vanishingpoint_0111月25日、有楽町朝日ホールにてコンペティション作品『消失点』の上映が行われ、ジャッカワーン・ニンタムロン監督がQ&Aに登壇した。タイ出身のニンタムロン監督は劇映画第一作となる本作でロッテルダム国際映画祭タイガー・アワードを受賞。映画は、監督自身の両親が32年前に遭遇した、ショッキングな交通事故の写真のコラージュから始まる。 続きを読む

『タルロ』ペマツェテン監督Q&A

1125tharlo_01

11月25日有楽町朝日ホールにてコンペティション作品『タルロ』の上映後、ペマツェテン監督が登壇しQ&Aが行われた。東京フィルメックスへの来場は第12回東京フィルメックスで最優秀作品賞を獲得した『オールド・ドッグ』以来二度目となる。監督が「東京フィルメックスとはご縁があり、親しみを感じています」と挨拶すると、早速客席から質問の手が上がった。

続きを読む

『黒い雌鶏』ミン・バハドゥル・バム監督、ベニシャ・ハマルさん、デバキ・ライさん、アヌップ・タパさんQ&A

1124blackhen_0111月24日、有楽町朝日ホールにて、コンペティション部門『黒い雌鶏』が上映された。雄大な山岳風景に抱かれた村を舞台に、少年の目を通して内戦やカーストなどネパール社会のさまざまな側面が描かれた本作は、東京フィルメックスでは初のネパール作品となる。上映後には、ミン・バハドゥル・バム監督、女優のベニシャ・ハマルさん、プロデューサーのデバキ・ライさんとアヌップ・タパさんを迎えて、質疑応答が行われた。  続きを読む

『白い光の闇』サマン・アルヴィディガラさん、ラル・ハリンドラナスさんQ&A

1124dark_0111月24日、有楽町朝日ホールでコンペティション作品『白い光の闇』が上映された。本作は、第10回(2009年)東京フィルメックスコンペティション部門で『2つの世界の間で』が上映されたスリランカ出身のヴィムクティ・ジャヤスンダラ監督の最新作。生と死を巡る複数のエピソードが、美しい自然の風景の中で並行して綴られる。上映後は、編集を担当したサマン・アルヴィディガラさんと美術監督のラル・ハリンドラナスさんを迎えてQ&Aが行なわれた。 続きを読む

『最愛の子』ピーター・チャン監督Q&A

1123dearest_0111月23日、有楽町朝日ホールにて特別招待作品『最愛の子』が上映され、Q&Aにピーター・チャン監督が登壇した。作品について、チャン監督は「皆さんには悲しい物語を見せることになってしまいましたが、これは中国で実際に起こった児童誘拐事件を基に作った話なのです」と説明した。3歳で誘拐された男の子が3年後に発見されるが、実の親を覚えておらず、誘拐犯の妻を母親と思い込んでいる。生みの親、育ての親の葛藤を双方から描いた作品だ。 続きを読む

『わたしの坊や』ジャンナ・イサバエヴァ監督Q&A

1123bopem_0111月23日、有楽町朝日ホールにてコンペティション作品『わたしの坊や』が上映された。上映後のQ&Aには、ジャンナ・イサバエヴァ監督が登壇し、熱心な観客たちから質問が相次いだ。司会の林 加奈子東京フィルメックス・ディレクターが「少年の怒り、足掻き、そして監督の情熱が強く伝わる素晴らしい作品」と述べると、初来日となるイサバエヴァ監督は「日本で上映できたことに感謝しています。これは私にとっても素晴らしいチャンス。本当にありがとうございます」と挨拶した。 続きを読む

『クズとブスとゲス』舞台挨拶、奥田庸介監督Q&A

1122kuzu_01

11月22日、有楽町朝日ホールでコンペティション作品『クズとブスとゲス』が上映された。本作は、25歳の時に『東京プレイボーイクラブ』で商業映画デビューを飾った奥田庸介監督4年ぶりの長編第2作で、麻薬の密売人や前科者の青年とその恋人、ヤクザなどが織り成すパワフルな群像劇。上映前には奥田監督、出演者の岩田恵里さん、板橋駿谷さんが舞台挨拶に登壇。上映後には奥田監督を迎えてのQ&Aが行なわれた。

続きを読む

『ひそひそ星』園子温監督、神楽坂恵さんQ&A

1121hiso_0111月21日(土)、TOHOシネマズ日劇1にて園子温監督の最新作『ひそひそ星』がオープニング作品として上映された。上映後のQ&Aには園監督と主演の神楽坂恵さんが登壇した。司会の林 加奈子東京フィルメックス・ディレクターは「オープニングで上映することができて、とても光栄です。ありがとうございました」と感謝の言葉で園監督と神楽坂さんを迎えた。 続きを読む