デイリーニュース

【レポート】『川沿いのホテル』Q&A

11月17日(土)、TOHOシネマズ日比谷スクリーン12にて、第19回東京フィルメックスのオープニング作としてホン・サンス監督の最新作『川沿いのホテル』が上映された。本作は、ホテルに滞在する詩人とその息子たちや女性客との軽妙なやり取りを通じて、人生の機微を紡いだモノクロ作品だ。上映後には、本作での演技で、ロカルノ映画祭の主演男優賞を受賞したキ・ジュボンさんが登壇し、「みなさんに歓迎していただき、とても気分がいいです」と挨拶した。

ホン・サンス監督作品には9本ほど出演しているキ・ジュボンさんだが、今回は非常に印象に残る役どころを演じている。市山尚三東京フィルメックス ディレクターから、本作への出演の経緯について訊かれると、「昨年、個人的に辛い時期を過ごしていた中で、映画を撮ろうと手を差し伸べてくれたのがホン・サンス監督でした。そのおかげで、パワーをもらい、映画に臨むことができました」と明かしてくれた。

続いて本作の撮影の順番について質問があがった。本作は全体的に順撮りで、ホン・サンス監督はその撮り方を守っているとか。ただし、主人公がぬいぐるみを持ち出す場面は、当初ムーミンが使用されていて、著作権の関係から撮り直したという。また、劇中で酒を飲む場面は本当に酒を飲んでいたそうだ。

ホン・サンス監督は作品ごとに形式や手法を変えている。そうしたことについて、俳優に事前の説明があるのかということ、そして、俳優の境遇を反映して撮影するのかということについて話が及んだ。

俳優に事前の説明があるのかどうかという点では、監督から作業前に説明があると答えたキ・ジュボンさん。今回初めて取り入れた手法としては、カメラを動かしながら撮るということだったという。「これまでは固定カメラの中で俳優が動くことが多かったのですが、今回は俳優が動くとそれをカメラが追いかけてくるという手法を取り入れていました」と説明。

また、俳優の境遇を反映しながら撮影しているのかという点では、キ・ジュボンさんは、監督との個人的な語らいが本作につながったと次のように振り返った。「昨秋、『川沿いのホテル』の前に『草の葉』を撮影していたとき、俳優としての私生活について監督といろいろ話をしました。それがこの作品に反映されることになりました。監督は俳優からよく話を聞き、それを作品に反映させるということがよくあります。俳優に配慮しながら、俳優から聞いた話を通してインスピレーションを得ているようです。俳優とたくさん話をして、俳優の考えを読みとってくれます。」

さらに、ホン・サンス監督の撮影では、撮影当日の朝に俳優にシナリオが渡されることが知られているが、キ・ジュボンさんによると、撮影したものはほとんどカットされずに使われるという。ホン・サンス監督作品の撮影は、他の監督作品に参加するときとは異なると語るキ・ジュボンさん。通常は、俳優として作品や演じる人物を徹底的に分析してから撮影に臨むものだが、ホン・サンス監督作品の場合には、朝にシナリオがあがるので、シナリオを渡されたときに敏感に頭をフル回転させながら作業するとか。ホン・サンス監督作品の常連的な存在感を示すキ・ジュボンさん、ベテラン俳優らしい冷静な一面をのぞかせた。

質疑応答では、観客から質問が途絶えることはなく、ホン・サンス監督作品への関心の高さがうかがわれた。フィルメックスでは、11月21日に『川沿いのホテル』、11月20日に『草の葉』が再上映される。ぜひ、この機会に両作品でキ・ジュボンさんの演技を味わっていただきたい。

文責: 海野由子


デイリーニュース, トップページ・トピックスカテゴリーの記事