デイリーニュース

『相愛相親』シルヴィア・チャン監督舞台挨拶、Q&A

11月18日、TOHOシネマズ日劇にて、開会式に続きオープニング作品『相愛相親』が上映された。香港・台湾映画の大女優、シルヴィア・チャン監督が主演・脚本も務めた本作は、現代の中国を舞台に3世代の女性達の姿を丁寧に描いた作品。舞台挨拶に続き、上映後のQ&Aにチャン監督が登壇した。第16回東京フィルメックスでは、前作『念念』(15)が特別招待作品として上映されるとともに審査員も務め、今年の特別招待作品『山中傅奇』にも出演するなど、フィルメックスとは縁が深いチャン監督。

上映前の舞台挨拶で「今回はシンプルなストーリーだが、なぜ自分が映画を撮っているのかを問い直す機会になった」と語り、Q&Aでも人気のチャン監督に多くの質問が寄せられた。

最初に、司会の林 加奈子東京フィルメックス・ディレクターが、主人公の夫役に映画界の巨匠、ティエン・チュアンチュアン(田荘荘)監督を起用した経緯について訊くと、10年ほど前にティエン監督の作品『呉清源 極みの棋譜(06)』への出演を機に友人となり、一人の人間としてのティエン監督に魅力を感じたという。「主人公を支え続けるもの静かな夫という今回の役どころにティエン監督が何度も思い浮かび、勇気を出して打診した」と話すチャン監督。撮影初日に演技などできないと言うティエン監督に、そのままでいいと伝えると、翌日には演技をしない演技というスタイルを確立し、作品の中でトーンを決めてくれたと語った。

質疑応答に移るとすぐに客席から手が挙がり、テイクを重ねたシーンは?という質問に、本作の撮影技法について話が及んだ。リー・ピンビン(李屏賓)撮影監督と重視したのは、常に動き続けるカメラワークと人を追うトラッキングショットだったそう。「簡単ではなかったが、動きがあるからこそ登場人物の関係性が伝わるという意図があった」とこだわりを明かしたチャン監督。リー撮影監督の希望でズームレンズを多用したが、自然体での撮影にこだわり人工的な照明を入れなかったため、ズームをあわせるのが難しくテイクを重ねたシーンもあったという。

劇中、自然体で存在感あふれる、主人公の母役と田舎のお婆さん役についても質問が寄せられた。二人ともプロの女優で、特に田舎のお婆さん役のキャスティングは難航したという。「かつて演劇界で活躍していたこの女優にやっと出会えたが、一度は断られてしまった。実際に夫を亡くされた辛い経験を思い出したくないという断りの理由に諦めかけたが、最後には役に惚れたと出演を決心してくれた。今では毎日チャットをするほどの仲です」とチャン監督は笑顔で話した。

最後に、家族の物語にとても共感したという中国からの観客より、今回のテーマを決めた経緯を訊かれたチャン監督は、一見シンプルに見える物語に込められた想いを語った。「2012年に共同脚本家が出した、実話をもとにした脚本に感動したのが発端だった。映画化を強く望んだのは、家族の物語の中にも世代の違い、お互いをいかに理解できていないか、いかに人が移動しているか、都市の急激な変化など、多角的なテーマがあったから」。
シンプルなストーリーながら、セリフや舞台など4年をかけて丁寧に脚本を練り上げたという本作。監督は「人と人が、いかにコミュニケーション取っていくかというテーマに注目して映画化したいと思った」と力を込めた。

本作の日本国内での配給は未定。林ディレクターが配給について会場に呼びかけると、会場からも大きな拍手が沸き起こった。釜山映画祭のクロージング作品としても話題となったチャン監督渾身の最新作、ぜひ日本でも多くの観客へ届いて欲しい。2回目の上映は24日(金)15:20より、有楽町朝日ホールにて行われる。

シルヴィア・チャン監督は、出演している19日の『山中傅奇』のQ&Aにも登壇予定。

 

(取材・文:入江美穂、撮影:明田川志保、中堀正夫、村田麻由美、吉田留美)


カテゴリー デイリーニュース, ニュース タグ .